Netflix『魅惑の人』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ

2024年1月21日、Netflixで配信される最新の韓国ドラマ『魅惑の人』が配信されます。『魅惑の人』は、「賢い医師生活」で知られるチョ・ジョンソクと、「それでも僕らは走り続ける」のシン・セギョンが共演し、王宮を舞台に繰り広げられる物語です。
魅惑の人』は、すべての権力と富を持ちながらも、心は無限に空虚な朝鮮の王イ・インと、彼を倒して復讐するために細作(スパイ)になったカン・ヒスの物語を描いています。王権と権力争いの中で、カン・ヒスはイ・インを誘惑し、重要な情報を盗む任務を受けて彼に近づきますが、逆にイ・インに心惹かれるようになります。そうして、二人は互いに惹かれ合うようになります。このドラマは、復讐のために互いをだます残酷な運命を描いたメロドラマです。本記事では、この注目のドラマのあらすじ、キャスト、そして見どころを徹底的に解析し、その魅力をご紹介します。

1. 『魅惑の人』のあらすじ

魅惑の人』は、王権と政治的権力を巡る争いが舞台です。王イ・イン(チョ・ジョンソク演)は、兄が病に倒れた後、王の座に就きます。彼は囲碁の天才であり、その才能が人生を左右します。一方、復讐を胸に秘めた間者カン・ヒス(シン・セギョン演)は、王イ・インを惑わすために近づきますが、思いがけず彼に魅せられてしまいます。

『魅惑の人』公式ポスター

『魅惑の人』企画意図

魅惑の人』は、兵法の大家である孫子が細作(スパイ)について述べた言葉からインスピレーションを得ています。「三軍の中で細作ほど親密なものはなく、細作ほど秘密なものはない。神聖なる知恵を持たなければ細作を使うことができず、賢く正しい者でなければ細作を操ることができず、神秘的な者でなければ細作の成果を得ることができない」と言われます。細作は権力者を欺いて情報を盗み出す者を指しますが、世間では最も卑劣な行為とされています。

しかし、孫子が細作とそれを操る者を「神聖で、賢く、正しく、神秘的」と表現したのはなぜでしょうか?細作の道は、相手を全力で欺き、その心を得て、最終的には相手の意志まで揺さぶることにあります。完全に相手を欺くためには、細作自身も相手と同じくらい揺れ動き、深刻な混乱を経験しなければならず、これは恋に落ちる過程と非常に似ています。最も卑下された方法で最も尊いものである心を得るのですから、孫子もその卑劣さを非難することができなかったのでしょう。

魅惑の人』は、全ての権力を持ちながら心は無限に卑小な王イ・インと、彼を倒すために細作となった女性カン・ヒスが、大義と名分、愛と復讐のために互いを欺く激しい闘いの記録であり、お互いの心臓を目掛けて剣を振るいながら、黒い石と白い石を並べていく囲碁の記録(棋譜)です。

この悲惨で魅力的な戦い、一局の勝者は誰になるのでしょうか?勝者になったら、果たして皆が望む平和が訪れるのでしょうか?そんな簡単に答えられない問いに、切なる祈りで答えを求めます。願わくば、民の涙を慰める風が吹き、もやがかかった雨が降り、桜の花が美しく咲く木の下で、運命の恋人と向かい合って、言葉を交わさずとも心が通じ合う囲碁を楽しむことができますように。

PR

2. 『魅惑の人』キャスト紹介

イ・イン(演:チョ・ジョンソク)

『魅惑の人』イ・イン(演:チョ・ジョンソク)

朝鮮の王で兄の死後、王位に就く。囲碁の天才。王権と政治的権力の争いに直面する王。

イ・インは、前王の後宮パク氏の一人息子として生まれました。すでに世子(王太子)がいたにも関わらず、彼の母パク氏はイ・インに「お前は父の後を継ぐ大統(大王)になる」と言い、王としての教育を施しました。自分を大切に思ってくれる異母兄イ・ソンを見て苦しんでいた幼いイ・インは、死ぬ日まで兄の臣下として忠実に仕えることを誓います。

イ・インの誓いは、清の侵攻の結果、人質として清の瀋陽に連れ去られた時にその価値を示します。イ・インは、師匠カン・ハンスンに定期的に手紙を送り、清の状況を伝え、戦争を避ける方法を模索するなど、細作としての役割を果たしますが、イ・インの忠誠心は逆に王位を狙う反逆心と見なされます。心が病んだ兄イ・ソンは、弟イ・インを恐れ、憎むようになります。一度心を許せば変わらない純情なイ・インにとって、兄の変化は深い苦痛です。世を捨てたいと思うほどの苦しみの中、彼の人生に、真っ暗な闇の中の一筋の光、渇いた大地を潤すような細雨のように、ある人物が現れます。

賭け囲碁のプレイヤーで、ただの街の不良に過ぎないその人物が、イ・インの代わりに自分を侮辱する人々と戦う姿を見て、イ・インはその正体不明の人物に心を奪われます。名前も教えてくれないその無礼な人物に夢中になり、毎日のように彼のいる場所へ通い、彼の代わりに剣を受けます。彼と囲碁を打つために、惨めに懇願し、負けても腹を立てずに自分の大切な号「モンウ(細雨)」を譲り、年齢や身分を超えた友人となります。友人モンウが自分のせいで危険にさらされた時、イ・インは生まれて初めて兄イ・ソンに立ち向かい、兄の剣の下で自らの首を差し出します。「私が死ねばモンウも生きられ、兄イ・ソンも迷いから解放されるだろう」と考えました。しかし、実際に血を吐き倒れたのは兄イ・ソンでした。

カン・ヒス/カン・モンウ(演:シン・セギョン)

『魅惑の人』カン・ヒス/カン・モンウ(演:シン・セギョン)

カン・ハンスンの娘。賭け棋士。復讐のために間者になった女性。母を早くに亡くし、国のためにいつも忙しく働く父の下で育ちました。親の手厚い育児の代わりに、身の回りの世話をする女性家臣ジャグンニョンに頼りながら生きてきました。このような育ちが、カン・ヒスには贅沢な夢を抱くことが許されない状況であっても、他とは違う人生を歩む勇気を与えました。

幼い頃から父親に学んだ囲碁の技術を独学で磨き、囲碁の達人となります。カン・ヒスは、囲碁を通じて何かを変えることができると信じ、ジャグンニョンの反対を押し切って男装し、恐れずに世界へと飛び出します。自称も他称も「神の境地」に達したとされる賭け囲碁プレイヤーたちを打ち破り、「名前のない賭け囲碁プレイヤー」として名声を高め、そのようにして得た財を使って、清に連れ去られた民の帰還のための身代金を用意します。負けることを嫌い、退屈をもっと嫌うカン・ヒスは、囲碁においては負け知らずで、一度勝負に勝つと二度と同じ相手とは打ちません。結婚に関しても同様の信念を持ち、自分を囲碁で負かすことができない男性とは結婚しないと決めていました。カン・ヒスの友人であり女性家臣のジャグンニョンが内心カン・ヒスの相手と見ていた立派で素晴らしいキム・ミョンハでさえも、この信念を破ることはできませんでした。しかし、その信念を一瞬にして崩す男性が現れます。

それがイ・インです。この尊い男性が、カン・ヒスの防衛を突破して積極的に近づいてきて、カン・ヒスは自分でも気づかないうちに彼に心を奪われてしまいます。世間がイ・インを疑い、非難する中で、カン・ヒスだけは彼が迷惑に揺れることのない強い人物であると強く信じています。この信念は、イ・インが反逆の疑いを受けたときも揺るがず、自分や友人ホン・ジャンの命さえもかけて、イ・インの無実を叫ぶほどに強いものでした。

キム・ミョンハ(演:イ・シニョン)

『魅惑の人』キム・ミョンハ(演:イ・シニョン)

キム・ジョンベの息子。 ムンソン大君のいとこ。四書五経を通じて学問に通じ、射撃と剣術にも長けている文武両道の理想的な男性です。自分が優れているにもかかわらず、傲慢にならず、不正を許さず、偏見なく世界を見ようとする正しい性格の持ち主です。政治的な対立関係にあるミン・ジファンの弟ミン・サンヒョとは親しく付き合い、父キム・ジョンベの手下である卑小なユ・ヒョンボとは距離を置いています。

キム・ミョンハの家は元々勢力のない家門でしたが、父の姉が王妃に選ばれたことで家門の運命が一変します。優れた科挙試験の成績と家門の勢力に支えられ、重要な職である弘文館教理に就任します。清の使者として領議政カン・ハンスンに従って瀋陽に行った縁で、カン・ハンスンとイ・インの師弟関係に感銘を受け、カン・ハンスンの家を訪れるうちに彼の娘カン・ヒスを知り、彼女に心を寄せるようになります。最初はイ・インに好意を持っていましたが、カン・ヒスがイ・インに特別な感情を持っていることを知り、イ・インをライバル視し始めます。それでも父キム・ジョンベがイ・インに反逆者の疑いをかけて排除しようとすると苦悩し、イ・インが反逆心を抱いているはずがないと信じています。

イ・ソン(演:チェ・デフン)

『魅惑の人』イ・ソン(演:チェ・デフン)

イ・ソンは、イ・インの異母兄で、朝鮮の王です。彼は母親を亡くした後、父の側室であったパク氏を母として育ちました。13歳で王太子に立てられますが、母方の外戚も、支持する政党もなく、孤独を感じていました。その孤独を埋めてくれたのは、父の側室パク氏が産んだ弟イ・インでした。イ・ソンはイ・インを非常にかわいがっていましたが、ある時から、イ・インの方が賢明で、勇敢で、政治的な才能にも優れていると感じ、嫉妬し始めます。弟への不安と恐れは、やがて自分への責任感が混じった憎しみへと変わり、イ・ソンは自分に降りかかるすべての苦しみと悩みはイ・インと継母パク氏(大妃)が仕組んだことだとの妄想を抱くようになります。

弱い王は、忠臣の苦言よりも甘言を囁く姦臣に惹かれやすいものです。イ・ソンは、自分の正妻キム氏の兄キム・ジョンベに力を与え、彼の意向に従って清に軍を提供することを決めます。その決定を下した後、彼は唯一信頼し頼っていた領議政カン・ハンスンを通じて、衰えゆく明に対する義理を守ろうとし、清に内緒で細作を送ります。しかし、この行動が清に知られてしまい、戦争の危機に瀕した時、イ・ソンは王としてしてはならない運命的な選択をします。

パク・ジョンファン(演:イ・ギュフェ)

『魅惑の人』パク・ジョンファン(演:イ・ギュフェ)

王妃朴氏の兄。パク・ジョンファンは策略と処世術の達人です。相手の弱点を見抜き、自分の望むことを達成するのが非常に上手く、特に頭を下げる時と命令する時の区別がつく能力に長けています。パク氏の家系は代々王妃を輩出し、王の外戚として権勢を享受してきました。そのため、甥のイ・インが王位に就けないことを家門の恥と考えています。イ・インを王位に就けた功績で重要な官職に就いてもおかしくないにもかかわらず、彼はすべての官職を辞退し、名誉のみを持つ領中樞府事の地位を守っています。これは外戚中の外戚、実権者の本当の顔を隠すためです。

彼は姉の王大妃の威光と、甥のイ・インの相談役という名誉を背に、朝廷内外の事柄を自分の思い通りに操っています。

ユ・ヒョンボ(演:ヤン・ギョンウォン)

『魅惑の人』ユ・ヒョンボ(演:ヤン・ギョンウォン)

キム・ジョンベの部下。ホンジャンの兄。名門の長男として礼曹(礼儀を司る官庁)の官僚として勤務しており、表向きは礼儀と道徳を強調しますが、実際には富と栄光のためなら何でもする、礼儀や道徳を全く重んじない卑小な姦臣です。内乱の最中には、家門の長男として生き残るべきだと言い訳して、王を見捨てて逃げる卑怯な行動を取りました。さらに、彼の実の妹ホン・ジャンが清に連れ去られて生きて帰ってきたとき、死なずに生きて帰ってきて家門に恥をかかせたとして、あらゆる手段を使って彼女を苦しめます。一度恨みを持つと、相手を選ばずあらゆる手を使って迫害する、人間の最低な性質を持つ人物です。

キム・ジョンベ(演:チョ・ソンハ)

『魅惑の人』キム・ジョンベ(演:チョ・ソンハ)

キム・ミョンハの父。 厳格な性格で口調が強く、疑い深い人物です。外戚ではありますが、富と栄光だけを追求し、権力を築くための姦臣ではありません。むしろ、国と民を思う心から見れば、忠臣に近い存在です。イ・ソンに対する忠誠心が強いため、イ・インが反逆心を持っているという先入観に囚われています。

カン・ハンスン(演:ソン・ヒョンジュ)

『魅惑の人』カン・ハンスン(演:ソン・ヒョンジュ)

カン・ヒスの父。 イインの師匠。忠臣であり、優れた師匠ですが、良い父親ではありません。常に国のことを最優先に考えているため、娘のカン・ヒスに対して申し訳なさを感じています。そのため、娘が望むように自由に生きることができるように心がけ、結婚を強制しないと決心しています。清に内密で明に細作を送った事件が原因で、再び清の侵攻を受ける危機に直面した際には、領議政としての責務を全うしようとします。

PR

3. 『魅惑の人』の見どころ

3.1. チョ・ジョンソクとシン・セギョンの化学反応

魅惑の人』では、チョ・ジョンソクとシン・セギョンが、愛と復讐をテーマにした激しい関係を演じます。二人は初めて会った後、囲碁を通じて深い信頼関係を築きますが、誤解が生じ、王と彼の心を狙う細作として再び出会います。この関係は、深い愛情を知らずに、互いの命を狙う極端な変化を予告し、悲惨なメロドラマへの期待を高めています。

また、二人の俳優の化学反応と協調性は、「魅惑の人」の主要な見どころとなっています。チョ・ジョンソクは、「普段からシン・セギョンとの共演を非常に望んでいたので、一緒に作品をすることができてとても嬉しかった。作品において、人と人との呼吸が重要だと思うが、その点で演技がよく合った」と述べています。これに対して、シン・セギョンは、「物語が後半に進むにつれて、感情の葛藤が深まっていく。表情はそうではあっても、心の中では別の思いを持っていて、演技する際に多くの悩みがあった。しかし、チョ・ジョンソクが現場で細やかに配慮してくれて、尊重してくれたので、演技に集中することができた。チョ・ジョンソクと一緒なら楽しく乗り越えられるという確信があったので、困難な場面でも克服することができた」と応えています。

3.2. 残酷な運命、愛と復讐で葛藤するストーリー

魅惑の人』は、細作の疑いをかけられた不運な大君イ・インと、女性の身分に留まらず自らの運命を切り開こうとするカン・ヒス(カン・モンウ)が、残酷な運命の中で繰り広げる愛と復讐の激しい戦いを描いています。ドラマの中でイ・インは、外からは中華の勢力に圧倒され、内部では王位継承問題で民の安全を顧みない朝廷の政治に失望し、苦悩しています。

この中で、都城最高の囲碁の腕前を持つ勇敢な賭け囲碁プレイヤー、カン・ヒスとの出会いは、宮廷の闘争にうんざりしていたイ・インに好奇心を抱かせます。カン・ヒスは、清に捕らわれた民を救うために男装をして、その卓越した囲碁の腕前で都城の賭け囲碁の世界を席巻する人物です。

二人は身分と性別を隠して行う囲碁を通じて、細かい霧雨のように互いに深く影響を与えあい、心を揺さぶる関係へと発展します。しかし、後にイ・インとカン・ヒスは「復讐」という使命の下で、王と細作として再会するという運命に巻き込まれます。これは、復讐の対象に対する愛を描く、緊張感あふれるストーリーが特徴で、一度ハマると抜け出せないほどの強烈なメロドラマの物語を予告しています。

3.3. 主演俳優以外も実力派キャスト

魅惑の人』に登場するイ・シンヨン、パク・イェヨン、ソン・ヒョンジュ、チョ・ソンハ、チャン・ヨンナムなど、主要なキャストラインナップが期待を高めています。

イ・シンヨンは、偏見なく世界を見ようとする真っ直ぐな性格のキム・ミョンハを演じ、後にカン・ヒスを心に抱き、イ・インと対立する役割を果たします。パク・イェヨンは、イ・インを最も近くで支える知密尚宮として、宮廷の実力者トン尚宮を演じます。彼女はイ・インの致命的な秘密を唯一知る人物であり、パク・イェヨンが放つ秘密の魅力に注目が集まっています。

「信頼して観る俳優」として知られるソン・ヒョンジュ、チョ・ソンハ、チャン・ヨンナムは、その確かな演技力と重厚なカリスマでドラマの中心をしっかりと支え、変動する宮廷の闘いをさらに引き立てることでしょう。彼らの深みのある演技と物語への貢献により、視聴者の関心と期待が高まっています。

3.4. 時代劇が得意な制作チーム

Netflixの韓国ドラマ『魅惑の人』は、脚本家のキム・ソンドクと監督のチョ・ナムグクがタッグを組んだことで、初放送前から高品質なドラマへの期待と評価を集めています。特に、キム・ソンドク脚本家にとっては、2019年に放送され、同時間帯の視聴率と話題性で1位を記録したtvNの「王になった男」以来、5年ぶりの新作となります。

キム・ソンドク脚本家は、正統派からフュージョンまでを行き来し、歴史的事実にトレンディな想像力を加えて、新しく重厚な歴史ドラマの世界を創造してきました。その堅実な筆力が、視聴者を再び高品質な歴史ドラマの世界へと引き込むことが期待されています。

一方、チョ・ナムグク監督は、「黄金の帝国」、「追跡者 チェイサー」、「模範刑事」シリーズなどを通じて見せた華やかで濃密な演出で、高品質ドラマの系譜を築き上げてきました。特に彼の演出は、強烈な引き込み力で視聴者をドラマに集中させる重要な役割を果たしてきましたので、「魅惑の人」への期待がさらに高まっています。

魅惑の人』は、王を惑わせようとした細作が逆に魅了されてしまう残酷な愛と、予測不可能な緊迫した宮廷の闘争に注目が集まっています。チョ・ナムグク監督の特有の強烈な演出力で、緊張感を高める緻密な心理描写と没入感を最大化することが期待されます。

あわせて読みたい
Netflix『涙の女王』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ 【Netflix韓国ドラマ『涙の女王』とは】 Netflixで配信される韓国ドラマ『涙の女王』は、『愛の不時着』のパク・ジウン作家による待望の新作です。キム・スヒョンとキム...
PR

4. 『魅惑の人』まとめ

Netflixの韓国ドラマ『魅惑の人』は、チョ・ジョンソクとシン・セギョンの共演による心揺さぶる物語です。王と間者の恋愛、時代背景、そしてドラマの新しい解釈が見どころです。1月21日からのNetflixで配信されていますので気になる方は是非確認してみてください。

あわせて読みたい
『賢い医師生活』視聴者ガイド:キャスト、見どころを深掘り! Netflixで人気を博している韓国ドラマ『賢い医師生活』は、医学部の同級生だった5人の医師たちの人生を描いたドラマです。この作品は、『応答せよ』シリーズで知られる...
あわせて読みたい
『赤い袖先』の原作小説「袖先赤いクットン」結末と歴史的な事実 【はじめに】 『赤い袖先』(そでさきあかいくっとん、朝鮮語: 옷소매 붉은 끝동、英語: The Red Sleeve)は、2021年11月12日から2022年1月1日まで韓国MBCで放送された...
PR
魅惑の人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!