Netflix『涙の女王』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ

Netflix韓国ドラマ『涙の女王』とは

Netflixで配信される韓国ドラマ『涙の女王』は、『愛の不時着』のパク・ジウン作家による待望の新作です。キム・スヒョンとキム・ジウォンが主演を務めるこの作品は、2024年3月9日から韓国のtvNで放送され、全16話で構成されています。日本ではネットフリックスで配信され、毎週土日午後11時目途に韓国放送後、アップロードされる予定です。

今回は、この注目の『涙の女王』について、キャストからあらすじ、見どころまで、詳しくご紹介します。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『涙の女王』プレビュー:Netflixで3月9日公開 【『涙の女王』とは】 Netflixで3月9日公開される『涙の女王』は、クイーンズグループの3世であり、デパートの女王ホン・ヘイン(キム・ジウォン演)と、田舎の村長の息...
あわせて読みたい
Netflix『魅惑の人』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ 2024年1月21日、Netflixで配信される最新の韓国ドラマ『魅惑の人』が配信されます。『魅惑の人』は、「賢い医師生活」で知られるチョ・ジョンソクと、「それでも僕らは...
PR

『涙の女王』あらすじ

『涙の女王』公式ポスター

涙の女王』は、財閥クイーンズグループ3世のホン・ヘインと結婚したペク・ヒョヌの物語です。ヒョヌは田舎出身ながらソウル大学を卒業し、弁護士となりクイーンズグループの法務理事を務めています。美しくお金持ちのヘインとの結婚は、まさに夢のようでしたが、夫婦生活はうまくいかず、ヒョヌは離婚を決意します。しかし、そのタイミングで2人に最大の危機が訪れ、予想外の事態を乗り越え再び愛し合うことになります。

あわせて読みたい
『涙の女王』の圧倒的な人気:結末予想と注目ポイント Netflixで独占配信される『涙の女王』が、放送開始からわずかな期間で驚異的な視聴率の上昇を見せつけています。初回放送は5.9%の視聴率でスタートし、第4話では13%ま...

『涙の女王』キャスト

ベク・ヒョヌ(演:キム・スヒョン)

『涙の女王』キャスト ベク・ヒョヌ(演:キム・スヒョン)

クイーンズグループの法務理事兼クイーンズデパートの法務チーム長で、35歳です。ソウル大学法学部卒業後、ロースクールを経て弁護士になりました。彼は賢い頭脳を持ち、生まれながらの財閥以上の財閥らしいビジュアルをしています。高級オーダーメイドの靴と、アパート一軒分の価値がある時計を身につけ、会社のロビーを歩く姿は、まるでマンハッタンのアッパーイーストから来たかのようなオーラを放っています。彼はヨンドゥ里出身です。ペク・ヒョヌがクイーンズグループの娘と結婚したとき、村人たちは今では大統領よりも財閥の会長が王様だと言い、昔ならペク・ヒョヌが王になったようなものだと自分のことのように誇りに思っていました。かつては愛していると信じて結婚しましたが、3年後には切実に離婚を望んでいます。

ホン・ヘイン(演:キム・ジウォン)

『涙の女王』キャスト ホン・ヘイン(演:キム・ジウォン)

クイーンズグループの常務取締役であり、クイーンズデパートの社長です。彼女は34歳で、スクワットをするときを除き、生涯で一度も膝を曲げたことがないほどの威厳とプライドを持つ、まさに女王のような存在です。まるで生まれながらにして他人に命令するためだけに口を持って生まれたかのような、絶対的な支配者のオーラを放っています。ソウルの中心にそびえ立つクイーンズデパートの主として、彼女の信条は「できないことがどこにある?やらないだけだ!」です。彼女は常に行動に移し、失敗したことがほとんどありません。現在の目標は、高級ブランド「ヘルキナ」をデパートに導入し、1兆ウォンクラブに加入することです。しかし、今、彼女にとって天から落ちるような衝撃的なニュースが届きます。

ユン・ウンソン(演:パク・ソンフン)

『涙の女王』キャスト ユン・ウンソン(演:パク・ソンフン)

34歳のM&A(合併・買収)専門家で、ウォール街のアナリスト出身です。彼は、何が成功投資で何が失敗投資かを見極める能力に長け、投資家の間では占い師のように正確な予測を立てることで有名です。大学院の論文さえも書けない財閥3世たちにとっては、まさに救世主のような存在です。彼と一緒に夕食を取るためにニューヨークまで飛んでくる人もいれば、彼らが作った私的な集まりでセミナーを開く名目で高額を支払って投資情報を得ようとする人も多いです。ユン・ウンソンについて知りたがる人は多いものの、彼が結婚しているのか、現在の資産がどれくらいなのか、たまに韓国を訪れる理由は何なのかなど、彼の私生活に関する情報はほとんど知られていません。

ホン・スチョル(演:クァク・ドンヨン)

『涙の女王』キャスト ホン・スチョル(演:クァク・ドンヨン)

クイーンズグループの専務理事でありクイーンズマートの代表で、33歳です。彼はホン・ヘインの弟で、外見はしっかりしていますが、心の中には中学2年生くらいの少年が住んでいます。幼い頃から強烈な個性を持つ姉にほぼ押しつぶされるように育ち、大人になっても姉と目を合わせると無意識に防御の態度を取り、ついイライラしてしまいます。彼の理想のタイプは、幼い頃からホン・ヘインの正反対であることだけでした。幸いにも、そのような女性を見つけ、誰よりも幸せな結婚生活を送っていると自負しています。

チョン・ダヒェ(演:イ・ジュビン)

『涙の女王』キャスト チョン・ダヒェ(演:イ・ジュビン)

31歳でホン・スチョルの妻です。彼女は美術品から飛び出してきたかのような、優雅で高級感あふれるビジュアルの持ち主です。スチョルの時には場違いな冗談にも一つ一つ反応し、笑顔を見せてくれます。また、早朝の朝食会にも誰よりも完璧に身を整えて最初に現れ、義祖父であるホン会長を喜ばせます。彼女は礼儀正しく、時事問題にも精通しており、若いのにどうしてそんなに多くのことを知っているのかと思わせるほど、幅広い知識を持っています。

『涙の女王』予告編

Netflix韓国ドラマ『涙の女王』では、キム・スヒョンとキム・ジウォンが演じる、能力も外見も抜群の夢のようなカップル、ペク・ヒョヌとホン・ヘインのキャラクターポスターが公開されました。このポスターでは、二人の性格や関係性についても垣間見ることができます。

公開されたポスターでは、ホン・ヘインが「私だけを信じて。絶対あなたの目から涙を流させない」という力強いプロポーズでペク・ヒョヌへの強い支えになることを約束します。一方で、ペク・ヒョヌは「自分だけを信じろって?その言葉を信じた自分が馬鹿だった」と応じ、過去に妻の言葉を信じたことを後悔しているような発言をしています。

先に公開された心を打つティーザー映像では、ペク・ヒョヌが妻に対する恐れを訴えており、二人の間に何か通常ではない事態が起こっていることが予測されます。

特に「女王」と「女王の男」というキーワードは、夫婦の関係で主導権を握っているのがホン・ヘインであることを示しています。これにより、ペク・ヒョヌとホン・ヘインの間に隠された真実に対する好奇心が高まります。

また、夫婦の関係が逆転されたペク・ヒョヌとホン・ヘインの物語を描くキム・スヒョンとキム・ジウォンのロマンスの相乗効果も注目されています。これまで多くのロマンティックコメディ作品で「ロマンスの王」と「ロマンスの女王」としての地位を確立してきた二人が、『涙の女王』でどのような化学反応を見せるのかが楽しみです。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『涙の女王』プレビュー:Netflixで3月9日公開 【『涙の女王』とは】 Netflixで3月9日公開される『涙の女王』は、クイーンズグループの3世であり、デパートの女王ホン・ヘイン(キム・ジウォン演)と、田舎の村長の息...
PR

『涙の女王』見どころ

キム・スヒョンのテレビドラマ復帰作

涙の女王』は、ロマンスドラマのヒットメーカーとして知られるキム・スヒョンのテレビドラマ復帰作であり、脚本家パク・ジウンとの再会作としても多くの注目を集めています。キム・スヒョンは「非常に魅力的な作品をいただき、嬉しい反面、責任も感じている」と作品に対する思いを語りました。ドラマの中で彼が演じるペク・ヒョヌは、田舎出身で名門大学の法科大学院を卒業し、クイーンズグループの法務理事にまで登り詰めた人物です。新入社員時代に偶然出会ったクイーンズグループの3世、ホン・ヘインと恋に落ち、世紀の結婚を果たし、結婚生活を送っています。キム・スヒョンの変身と、彼が表現するペク・ヒョヌの特別な魅力に大きな期待が寄せられています。

特にキム・スヒョンのロマンティックコメディにおける完璧なシナジーが期待されており、愛する夫役を演じるにあたり「甘い魅力を見せたい」と意気込んでいます。また、彼は共演するキム・ジウォン(ホン・ヘイン役)に対して「善良な人」と表現し、彼女のギャグを受け入れたり、演技の際には相手の反応に応じて力を入れるなど、非常に集中力が高く、耳を傾けてくれる姿に深い信頼を寄せていると語りました。

期待される女優キム・ジウォン

キム・ジウォンは『私の解放日誌』での演技が高く評価され、『涙の女王』での彼女の新たな面を見ることができるでしょう。

キム・ジウォンは、作品選択の理由として「冷たく見えても愛らしく、強く見えても繊細な、一面的ではないホン・ヘインの人生を演じてみたいと思った。前作とは異なる雰囲気の役割で新たな挑戦ができると感じた」と述べ、この役を演じることへの意気込みを表しました。また、ホン・ヘインの第一印象について「欠けることなく生きてきた、冷たくて直接的な人物」と述べ、彼女が前だけを見て走ることに慣れ、傷を癒やし関係を回復するのが苦手な人物であるため、ホン・ヘインの傷や孤独がより大きく感じられ、一方で悲しくも感じたと語りました。

涙の女王』では、ホン・ヘインとペク・ヒョヌの関係も大きな見どころの一つです。キム・ジウォンは、二人の関係を「磁石」と表現し、「N極とS極のように反対を見て押し返すように見えても、一緒にいることで完全になり、方向を定めて進むことができるから」とその理由を語りました。また、キム・スヒョンが撮影現場の雰囲気をとても心地よく明るくしてくれるため、夫婦としてのケミストリーを上手く生かして演技できたと感謝の意を表しており、二人の相乗効果に対する期待が高まっています。

『愛の不時着』作家パク・ジウンの期待作

パク・ジウン作家は『愛の不時着』『プロデューサー』『僕の妻はスーパーウーマン』など、多くのヒット作を生み出してきました。『涙の女王』では、女性を中心にした物語がどのように展開するかが見どころの一つです。キム・スヒョンとパク・ジウン作家は、『星から来たあなた』『プロデューサー』に続き、この作品で再びタッグを組みます。過去の作品が大ヒットした経緯から、この新作に対する期待は非常に高まっています。

あわせて読みたい
Netflix韓国ドラマ『私の解放日誌』視聴ガイド:キャスト、見どころなど徹底解析! Netflixで配信されている韓国ドラマ『私の解放日誌』は、多くの視聴者を魅了しています。この記事では、ドラマの概要、あらすじ、キャスト、そして見どころを紹介し、そ...
PR
『涙の女王』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!