ビジネス

ビジネス

持続可能なビジネスのため、B2BからB4Bへ B2BとB4Bの違いは?

B4B(Business-for-Business)とは、ビジネスのためのビジネス(事業、営業)を意味します。企業は一般的に価値を生み出すため必要になるマーケティングや製品開発等様々な活動へ悩みを抱えています。このようなニーズに対して具体的に一連の方法を提示し、実行まで積極的に支援するサービスをB4Bと言います。
ビジネス

ランチェスター法則とビジネス戦略 市場で勝つための強者と弱者の戦略

マーケティング戦略やビジネス戦略など企業活動でよく使われる戦略(Strategy)という言葉は、本来戦争用語です。最近の企業経営現場は戦場より競争が激しく、勝てない企業は生き残れない時代になりました。企業経営において戦争の戦略がよく登場す...
ビジネス

マーケティングの基本? ロングテール法則とパレートの法則

パレートの法則は企業のビジネスシーンでよく使わる20:80の法則。ロングテールの法則はオンラインを中心に80%の該当する部分の重要性に対する法則。パレートの法則はイタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートの名前が由来になっています。
ビジネス

貧しい人たちのためのビジネス!BOPビジネスとは

世界の7割は貧困層 世界人口の70%の人々は貧困層にあたります。半分以上の人々は一日に2ドル(250円程度)で生活をしています。貧困層のほとんどはアフリカとアジアに偏っています。 これまでは、このような貧困層は企業たちの想定顧...
ビジネス

委託生産するとき、OEMとODMはなに?製造だけやるならOEM、デザインまでやるのはODM

OEMとODMはなに? ナイキやアディダスの靴を買ってタグをよく見ると「made in vietnam」という記載があることに気づくと思います。なんでナイキもアディダスもベトナムで靴を作ってるんだろうと気になりませんか?実はベトナム...
ビジネス

社会人の基本的な考え方 MECE(ミーシー)とSo What? / Why So?

MECEとSo What? / Why So?は社会人としてビジネス的な考え方の基本です。漏れなく、ダブりのなく全体を網羅するMECEとSo What?は「だからどうしたいの?」に対する答えです。Why So?は「なぜそうなるの?」の考え方を身に着けて社会人としてビジネスシーンで活躍できます。
ビジネス

商品購入へ至る心理的プロセス AIDMA(アイドマ)モデルとは ネット時代に適したAISAS(アイサス)とAISCES(アイシーズ)について

皆さんはどのように買い物をしますか?ネットサーフィンしていて衝動買いする時もあるし、買い物するまで類似商品と比較したり細かく比較して買い物する時もあるかと思います。人間は複雑な動物で、商品を購入するまで様々な気持ちの変化が発生します。衝動...
ビジネス

人はみんな優しいんです!優しさを活用するコーズマーケティング

単純な製品やサービスだけではなく、消費者が社会に貢献したい優しい気持ちを活用するがまさにコーズマーケティング(Cause Marketing)です。企業が利益を追求するためにマーケティング活動をしながら共益的価値を同時に追求するということです。
ビジネス

内部バリューを重視するインサイドアウト、顧客から始めるアウトサイドイン

ビジネス戦略の発想法の中で、インサイドアウト(Inside-Out)とアウトサイドイン( Outside-In )という考え方があります。それぞれの考え方とそのアプローチを行った事例を簡単に紹介します。
ビジネス

お客様の感情を攻略するマーケティング CEM(顧客経験管理)とは

CEMとは、製品やサービスに関する顧客の経験を戦略的に管理し、顧客経験に重点を置いて製品やサービスを革新していく方法です。顧客関係管理と言われるCRM(Customer Relationship Management)と似たような感じはしますが、CRMを補完する形で登場した概念です。
タイトルとURLをコピーしました