Apple Vision Proの未解決問題:重量と処方レンズの2つの課題

Apple Vision Pro Credit: Apple

Apple Vision Proはまだ確固たるリリース日が決まっていないが、すでにApple社はこのデバイスに関するいくつかの問題に直面しています。

目次

信頼性のある情報源からの報告

BloombergのMark Gurman氏(Appleの内部情報に詳しい信頼性のある情報源)によると、Appleは現在、その次世代の複合現実ヘッドセットに関するいくつかの中程度の懸念事項に取り組んでいます。具体的には、デバイスが重すぎる可能性と、視力に問題のある人々に処方レンズを提供することが難しいという問題があります。

PR

重量問題の解決策

最初の問題は非常に単純で理解しやすいです。現状では、Vision Proは約1ポンド(約450g)の重さがあり、これを長時間頭に装着すると首への負担がかかる可能性があります。Gurman氏によれば、Appleは最初のVision Proにストラップを追加することでこの問題を軽減するかもしれないが、より持続可能な解決策は、単純に将来のバージョンをより軽量にすることです。

処方レンズの頭痛

処方レンズに関しては、Vision Proの大きな問題点は、ヘッドセットと一緒に通常の眼鏡をかけることができないという点です。これは、デバイスが大きくなりすぎるのを防ぐためのAppleの意図的な選択です。AppleはZeissという会社と提携して、Vision Proに取り付けられる処方レンズを提供しているが、Gurman氏は、さまざまなレンズオプションを顧客に提供することが「頭痛の種」であると指摘しています。

PR

カスタムヘッドセットの可能性と課題

会社は、処方レンズが組み込まれたカスタムヘッドセットを作成し、それを消費者に直接出荷することもできます。しかし、その場合、デバイスは他の人々(または元の所有者が処方箋が変更された場合にさえ)にとって使用不能になる可能性があります。この問題に対する確固たる解決策はまだ見当たらないそうです。

参考:https://www.bloomberg.com/news/newsletters/2023-10-08/apple-plans-smaller-lighter-vision-headset-meta-works-on-cheaper-quest-3-ar-lnhh1ulx?srnd=undefined&sref=ExbtjcSG&leadSource=uverify%20wall

PR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次