Netflix『サムダルリへようこそ』視聴ガイド:あらすじ、キャスト、見どころ

Netflix『サムダルリへようこそ』とは

ディズニー+オリジナルドラマ『最悪の悪』で大活躍したチ・チャンウクがNetflix韓国ドラマ『サムダルリへようこそ』帰ってきます。
『最悪の悪』で潜入捜査を行う刑事役としてグローバル的に注目された俳優チ・チャンウク。今度は、『サムダルリへようこそ』で純情な男性役を演じます。
チ・チャンウクは『最悪の悪』での強烈なアクションと独自の感性が好評でした。
今度は、恋愛ドラマでの出演を通じて、また新たな魅力を見せることに期待が集まっています。チ・チャンウクは、生まれた時から一緒だった幼馴染「チョ・サムダル」(シン・ヘソン)への純情な愛情を持つ「チョン・ヨンピル」を演じ、その甘い演技に対する期待が高まっています。
サムダルリへようこそ』は、2023年12月2日にNetflixで初公開される予定です。

©jtbc
あわせて読みたい
心温まる韓国ドラマ「海街チャチャチャ」まとめ:感想、見どころを解説 最近の韓国ドラマは様々なジャンルで人気作品多いですが、心温まるロマンチックなドラマは特に評判が高く長く愛されています。その中でも、2021年の話題作だった『海街...
PR

『サムダルリへようこそ』のあらすじ

サムダルリへようこそ』のあらすじは、幼い頃から大きな成功を夢見ていたサムダルが、ソウルに上京して苦労の末に一流の写真家になる様子が描かれています。
一方で、彼女の故郷であるジェジュ(済州島)には元彼であるヨンピルがいます。
ジェジュ気象庁の予報官として精確な予報を提供するために日々検討しています。サムダルとヨンピルは幼なじみであり、長い間一緒に過ごし、恋人になっていました。
しかし、8年前に別れて、それ以来は連絡も取っていません。しかし、サムダルが予期せぬ大きな事件に巻き込まれたことで、再びジェジュに戻ることになり、彼らは再会します。これにより、長い間途切れていた彼らの関係が再び始まり、新しい章が開かれることに期待が高まっています。

『サムダルリへようこそ』企画意図

自分の夢と名誉のために、危険な海のようなソウルという都市で18年間生きてきた女性、サンダリの物語です。サンダリは、自分の故郷である済州島を離れ、この「海」で生き抜こうとしてきました。彼女は他人から見れば夢と名誉を手に入れて昇っていく龍のように見えますが、実際には持っているものを失わないために、毎日息苦しい思いをしながら空へ昇る龍のようです。しかし、ある日すべてを失い、再び「小川」に落ちてしまいます。そこで彼女は、自らと半ば他人の力によって、息を整えることを始めます。

この物語には、サンダリが彼女の「小川」となりたいと願う純情な男性、ヨンピルも登場します。ヨンピルは、生まれた瞬間から彼女を守る使命を持って生まれてきたかのように、38年間同じ場所で彼女だけを見守る男性です。この「小川」のようなヨンピルのそばで、サンダリは元々持っていたものの大切さや、失ってしまったものの価値を再認識し、癒やされ、成長していきます。

このドラマは、青春と呼ぶには恥ずかしいけれど、中年と呼ぶにはまだ深みがない、どちらにも属さない息苦しい1980年代生まれの曖昧な若者たちの迷いの物語です。彼らを通じて、私たちの過去を横切った友人や縁が頭の中で次々と思い出されるようなドラマを目指しています。私たちの現在は、私たちを横切った無数の縁が集まって作られたものかもしれません。

このドラマは、「今の世の中」で多くのものが跡形もなく消えていく中、人々の純朴さや情緒だけは保持したいと願っています。帰る場所があるということが、私たちをどれほど安心させるかを伝えたいと思っています。

『サムダルリへようこそ』キャスト

ヨンピル(演:チ・チャンウク)

済州島の気象庁で問題を起こす予報官です。彼はよく本庁の意見に反論し、気象庁長に直接クレームの電話をかけるなど、常に意見を述べ、指導しようとします。しかし、実際にはヨンピルが雨が降ると言えば雨が降り、雪が降ると言えば雪が降るほど、外見とは裏腹にスーパーコンピューターに匹敵する分析力、予測力、判断力を持った隠れた実力者です。そのため、ソウルの本庁からは常にスカウトされていますが、ヨンピルは自分の地元である済州島を愛しています。

ヨンピルは、母親が熱狂的なファンであった歌手のチョ・ヨンピルの影響で、生まれながらにしてチョ・ヨンピルの大ファンでした。男の子が生まれたら「チョ・ヨンピル」と名付けるという母の強い意志のもと、生まれたときからリトル・チョ・ヨンピルとなりました。9歳のときに「全国歌唱コンテスト-済州編」のステージに立ち、済州の名物となりました。その人気は30年近く経った今も衰えを知りません。東海をまたにかけ、西海をまたにかけ、どこにでも出かけています。

そんな平和で穏やかだったヨンピルの世界に、サムダルが戻ってきました。一瞬たりとも忘れたことがない、変わらぬ初恋であり、元カノのチョ・サムダルがサムダルリに戻ってきたのです。サムダルと別れてから8年、まだサムダルのことしか考えられない一途なヨンピルは、再びサムダルと激しく結びつきたいと願っています。サムダルのすべてのことに口を出し、再び愛し合いたいのです。

あわせて読みたい
韓国ドラマ「最悪の悪」の全貌:キャスト、ストーリー徹底解説 【韓国ドラマ「最悪の悪」概要】 韓国ドラマ「最悪の悪」(原題:최악의 악)は、『新しき世界』や『傷だらけのふたり』で知られるハン・ドンウク監督と、脚本家のジャ...

サムダル(演:シン・ヘソン)

ジェジュ島のサムダル里の川で生まれた龍のような存在です。幼い頃から、狭いこの島を抜け出すことが夢でした。サムダルにとって、この島は彼女を全て受け入れるには小さすぎたのです。毎日、竜の絵を描きながら山に登り、飛行機が飛び立つのを数え、いつかその飛行機に乗って島を離れることを夢見ていました。そして、ついにその夢を実現させました。

しかし、彼女が選んだのは、悪名高いファッション写真界で、厳しいアシスタント生活を歯を食いしばって耐えることでした。決してジェジュには戻らないという強い意志を持ちながら、涙と苦労が積み重なる18年間を過ごし、ついには韓国の写真業界を制覇し、トップクラスのファッションフォトグラファーとしての地位を確立しました。

しかし、高く登れば登るほど、落ちやすくなると言います。予期せぬ事件により、これまでに苦労して築き上げた夢や名誉を一瞬にして失い、落ちることになるとは夢にも思いませんでした。

結局、戻りたくなかった故郷、ジェジュのサムダル里に逃げるように戻り、人生で一緒に過ごした日がない日よりも多い魂の伴侶であり、元カレであるジョヨンピルと再び出会います。同じ日に生まれ、一緒に成長し、恋に落ちた彼との再会は、痛切や哀愁を感じさせるかもしれませんが、実際は笑いと罵倒の応酬ばかりです。

冷たいソウルで生き抜くために、何事にもクールを装い、大丈夫だと偽っていた彼女。しかし、今、彼女は自分の故郷であるサムダル里に戻り、本当の自分、ジョサムダルを見つけ、心を落ち着かせ始めます。

『サムダルリへようこそ』の見どころ

ロマンス職人と言われる主演俳優

チ・チャンウクとシン・ヘソンの共演が注目されている韓国ドラマ『サムダルリへようこそ』では、これまでに複数の恋愛ドラマ作品で成功を収めた二人が、強力なシナジーを見せると期待されています。
ドラマは、38年間にわたる二人の関係を描いており、同じ日に生まれた幼なじみから恋人へと進展し、一度は別れた後に8年ぶりに再会する元恋人の複雑な関係を扱っています。二人の長い歴史と深い絆が、ドラマの見どころとなっており、チ・チャンウクとシン・ヘソンの演技の相乗効果に視聴者の期待が高まっています。

チャ・ヨンフン監督とクォン・ヘジュ作家の初協業

サムダルリへようこそ』は、チャ・ヨンフン監督とクォン・ヘジュ作家が初めてタッグを組んだ作品で、彼らは人間関係の深い感情を掘り下げ、視聴者に温かさと感動を提供することに特化しています。これまでの作品「椿の花咲く頃」や「気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!」、「ゴー・バック夫婦」、「ハイバイ、ママ!」で示したように、彼らは日常の中の特別でない私たちの物語を通じて、深い感情と感動を生み出します。特に、今回のドラマは、青春と中年の間のあいまいな年代の人々と、サムダルリの住民たちの生活を描き、現代社会で失われつつある人間関係の純粋さと情を再発見する機会を提供します。このコラボレーションは、再び視聴者に温かい感動をもたらすことが期待されています。

JTBC制作ドラマ

JTBCは2023年に「医師チャ・ジョンスク」、「キング・ザ・ランド」、「ヒップタッチの女王」、「力の強い女 カン・ナムスン」などの多くの作品を成功させ、ロマンスとコメディのジャンルで高い評価を得てきました。その流れを引き継ぎ、『サムダルリへようこそ』は2023年のJTBCのドラマのハイライトとして期待されています。

『サムダルリへようこそ』予告編

2023年11月21日に公開された『サムダルリへようこそ』の予告編では、チ・チャンウクとシン・ヘソンの相性とロマンチックな物語が予想されます。見事な田舎の風景の中で、真実の人間経験の本質を巧みに捉える物語をその巧妙な撮影技術と芸術的な演出で観客を魅了するビジュアルの交響曲を創り出しています。

PR

『サムダルリへようこそ』公開日と配信

サムダルリへようこそ』の第1話は、2023年12月2日に韓国JTBCで初放送される予定です。日本ではNetflixで公開され、毎週土曜日と日曜日に公開される予定です。

あわせて読みたい
心温まる韓国ドラマ「海街チャチャチャ」まとめ:感想、見どころを解説 最近の韓国ドラマは様々なジャンルで人気作品多いですが、心温まるロマンチックなドラマは特に評判が高く長く愛されています。その中でも、2021年の話題作だった『海街...
PR
サムダルリへようこそ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!