MCU映画『マーベルズ』キャスト、あらすじなど最新情報まとめ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新たなる章が開かれます。『キャプテン・マーベル』の続編となる『マーベルズ』が、今年、劇場に登場します。ブリー・ラーソンが演じるキャロル・ダンバースの次なる冒険は、宇宙規模のものとなりそうです。この記事では、その公開日、予告編、キャスト、あらすじなど、についてご説明いたします。

『マーベルズ』公開日

『マーベルズ』は2023年11月10日に公開されることが確認されています。当初は2023年7月28日に劇場公開される予定でしたが、延期されました。その後、2023年2月17日に公開される予定でしたが、『アントマン&ワスプ:クアントマニア』と公開日が変わりました。

PR

『マーベルズ』キャスト:誰が出演しているの?

キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース(ブリー・ラーソン)

1989年、優秀な米空軍のパイロットだったキャロルは、スペースストーン(テッセラクト)のエネルギーに巻き込まれ、その力を吸収しました。この出来事により記憶を失った彼女は、クリー帝国の兵士によって救出され、洗脳されてしまいます。しかし、ある事件をきっかけに記憶を取り戻し、その力を平和のために使うことを決意します。

モニカ・ランボー(テヨナ・パリス)

ワンダヴィジョン』で初登場したキャロルの親友であるマリア・ランボーの娘、モニカ・ランボーは、光の波長を操る能力を持っています。彼女は、母親を看病中に起こったある事件をきっかけに超能力を得ることになります。

ミズ・マーベル/カマラ・カーン(イマン・ヴェラーニ)

ミズ・マーベル』になるカマラ・カーン。カーンはアベンジャーズオタクで、中でもキャプテン・マーベルは推しのヒーローです。ある日、祖母の遺品の中から特別な魔法のバングルからを見つけます。このブレスレットの力を使い、彼女は自分の想像力で物質を作り出す能力を得ることになります。

ニック・フューリー(サミュエル・L.ジャクソン)

多くのMCU映画に登場するニック・フューリーはキャプテン・マーベルの古い友人です。彼女との出会いがきっかけで、宇宙の脅威から地球を守るべくヒーローたちを集結させる計画に着手し“アベンジャーズ”を創設しました。 いまは、宇宙ステーションS.A.B.E.R.の監督でモニカ・ランボーと共に働いています。

ヤン王子(パク・ソジュン)

歌と踊りで会話をする惑星、アラドナのプリンスヤン王子。チャーミングでカリスマ性があり国民に愛されています。 キャプテン・マーベルの過去を知り、固い絆で結ばれていて物語の重要な鍵を握っているかもしれません。

『マーベルズ』あらすじ:映画の内容は?

キャプテン・マーベルは圧制的なクリーから、自分のアイデンティティを取り戻し、最高知能体に復讐を果たしました。しかし、意図しない結果として、キャロルは不安定な宇宙のために責任を背負うことになります。

彼女の任務がクリーの革命家にリンクされた異常なワームホールに彼女を送ると、彼女の力はジャージーシティの熱狂的ファンであるミズ・マーベル、そしてキャロルの疎遠な姪であるモニカ・ランボー大尉と絡み合います。この3人はチームとして協力し、宇宙を救うために「マーベルズ」として協働ことになります。

さらに、ブリー・ラーソンは新しいティーザークリップで、キャロル・ダンバースが「リーダーであることの意味」に直面しなければならないことをほのめかしています。また、映画の物語の中心となる最大の兆候は、実は『ミズ・マーベル』のTVシリーズの最終シーンにあります。

ショーの最後の瞬間に、カマラ・カーンが身につけているバングル(彼女が力を得ていると思われる)が明るく光り輝き、彼女は衣服の山に向かって後ろに撃たれます。山から現れたのはカーンではなく、周囲に困惑した表情を浮かべるブリー・ラーソンのキャロル・ダンバースでした。

『ワンダヴィジョン』では、モニカ・ランボーがキャロル・ダンバースがもっと母親のマリア・ランボーを見守るのを手伝ってくれなかったことに腹を立てていることが示唆されており、この関係は続編での緊張と物語の焦点となる可能性があります。

『マーベルズ』予告編

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

クリーとスクラルの対立?

クリーは、クリー最高知能によって統治されていますが、この映像は彼らがスクラル種族に対して行った虐殺を示唆しています。ダービンは、コズミックロッドと呼ばれる武器を持ち、『ミズ・マーベル』シリーズでカマラ・カーンが手に入れた神秘的なバングルを使って、カマラ・カーン、キャロル・ダンバース、モニカ・ランボーを呪い、彼女たちを宇宙放射線の源に結びつけます。

宇宙放射線の謎

宇宙放射線は、MCUにおいて重要な役割を果たしており、キャラクターたちの超能力の源泉となっています。しかし、予告編では、他のコズミックパワーを持つキャラクターたち、例えば『シークレット・インベージョン』からのスクラルのギアや、『ロキ』シーズン2でのレンスレイヤーについても言及されています。

キャロル・ダンバース、アニヒレーターとは?

ダービンはキャロル・ダンバースを「アニヒレーター(全滅させる人)」と呼び、彼女が彼らから全てを奪ったと主張しています。これは、キャロルが知られた宇宙を通じて彼らのグループから何かを奪ったことを示唆しています。

スクラルの未来

予告編では、スクラルのエンペラー・ドゥルのコロニーが破壊される可能性が示唆されており、これはMCUにおけるスクラルの未来に大きな影響を与えるでしょう。

PR

『マーベルズ』見どころ

X-Men、アベンジャーズ、そしてマルチバース

予告編では、X-Menに関連するいくつかのティーザーが登場します。例えば、監督が以前にX-Men映画をお勧めしていたことや、キャラクターのスコット・サマーズとストームの関係について語られています。これらは、X-Menが映画『マーベルズ』の製作において重要な要素であったと思われます。
さらに、アベンジャーズからの音声や映像を多用しており、新たなアベンジャーズチームの形成に向けた布石が打たれていることを匂わせています。特に、ニック・フューリーの音声は、新しいヒーローたちへの呼びかけとして使用されています。
また、マルチバースの衝突という概念を前面に押し出しています。これは、異なる宇宙が互いに影響を及ぼし合い、その結果として新たな脅威が生まれることを意味しています。これは、『アベンジャーズ5 カン・ダイナスティ』や『デッドプール3』など、今後のマーベル映画における重要なテーマになるでしょう。

パク・ソジュンさんのMCU参加

『マーベルズ』は多くの韓国ドラマで馴染みがある俳優、パク・ソジュンさんがMCUに参加することで話題になっていました。監督のニア・ダコスタさんは『梨泰院クラス』を観たことが、ヤン王子の役に彼をキャスティングすることに繋がったと語っています。
もともといくつかの韓国ドラマを見て韓国ドラマが好きだった監督は、パンデミック中に友人たちから『梨泰院クラス』を勧められて好きになったといいました。それからパク・ソジュンさんの他の作品も視聴したそうです。その直後、ダコスタ監督は『マーベルズ』の監督のオファーを受けました。
マーベルズのキャスティングを検討する中で、ヤン王子の役に誰を選ぶか悩んでおり、突然、パク・ソジュンさんの顔が頭に浮かんでたようです。
韓国ドラマで馴染みのあるパク・ソジュンさんがMCUの世界でどのような演技を見せてくれるかもたのしみですね。

PR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!