Disney+韓国ドラマ『サウンドトラック #1』:見どころを紹介

1. 『サウンドトラック #1』のあらすじ

サウンドトラック #1』は、20年来の男女の友人が2週間同じ家に滞在することになり、お互いの心を知り合うロマンスストーリーです。パク・ヒョンシクは新進写真家のハン・ソンウ役を、ハン・ソヒは率直でストレートな性格の生計型作詞家、イ・ウンス役を演じています。

『サウンドトラック #1』公式ポスター

サウンドトラック #1』における重要なストーリーラインの一つは、生計型作詞家として3年目を迎えるイ・ウンスの物語です。彼女はある有名な作曲家から作詞の依頼を受けます。大きなチャンスを掴もうと一生懸命作詞しますが、歌詞に片思いの感情が感じられないという理由で却下されてしまいます。そんなとき、20年来の友人であり、写真家でもあるハン・ソンウに相談し、彼の長年の片思いの話を聞きます。ウンスはソンウの話に次第に引き込まれ、この作詞の依頼を絶対に逃すわけにはいかないと思い、彼に一緒に住みながら作業を手伝ってもらうよう頼みます。
そして翌日から、2週間にわたる彼らの共同生活が始まります。作詞作業を進めながら過ごす幸せな時間。ソンウの片思いの対象は誰なのでしょうか?また、彼らの物語はいつから始まったのでしょうか?これらの疑問が、ドラマの中で徐々に明らかにされていきます。

PR

2. 『サウンドトラック #1』の見どころ

2.1. パク・ヒョンシクとハン・ソヒの息がぴったりなロマンス


サウンドトラック #1』では、パク・ヒョンシクとハン・ソヒが、20年来の男女の友人として登場し、「愛と友情の間」で繊細な感情の変化を描きます。

パク・ヒョンシクは、数多くの作品を通じてそのスター性と演技力を証明しており、特にロマンスジャンルでその魅力を発揮することで知られています。一方のハン・ソヒも、代替不可能な存在感で世界中を魅了する演技力を持つ女優です。視覚的な魅力から演技の息ぴったりさに至るまで、パク・ヒョンシクとハン・ソヒの間の完璧なケミストリーが、このロマンスドラマでの大きな見どころとなっています。

2.2. 恋愛と友情の間のロマンス

サウンドトラック #1』は、男女の長年の友人(ナムサチンとヨサチン)が主人公のロマンスドラマです。このドラマでは、男女の友情と愛情の間の繊細な関係が描かれています。友人としてとても親しく、お互いのことをよく知り尽くしているため、恋人になることはないだろうと思われる関係ですが、その一方で、互いを深く理解しているがゆえに、恋に落ちる可能性も秘めています。

サウンドトラック #1』は、「男女の間に友情が存在するのか」という永遠の問いに対して、時にドキドキするような、時に切ない、時に愛らしいストーリーで答えを探るでしょう。友情から始まる恋の物語は、多くの人々に共感を呼び、心に残る感動を与えることが期待されます。

2.3. 音楽と恋愛のシナジー

『サウンドトラック #1』は、音楽と恋愛が見事に融合したロマンス・ミュージックドラマです。パク・ヒョンシクとハン・ソヒが演じる男女の主人公が織りなす、「愛と友情の間」を揺れ動くロマンスストーリーが新鮮なときめきを提供します。このドラマの特徴は、ロマンスをさらに鮮やかに彩る音楽です。

サウンドトラック #1』には、韓国で注目されている多彩なミュージシャンが参加しています。キュヒョン、パク・ボラム、ダビチなどの楽曲が含まれており、これらの音楽が視聴者の感情を刺激し、ドラマの感動を深めることでしょう。音楽とその物語と映像美をどのように融合させたかもチェックポイントです。

2.4. キム・ヒウォン監督の巧みな演出

サウンドトラック #1』の監督を務めるのは、キム・ヒウォンです。彼は、「カネの花」、「王になった男」、「ヴィンチェンツォ」など、多くの作品で監督としての実力を示し、作品性と視聴率の両方を掴んできました。特に、キム・ヒウォン監督はキャラクターの感情を繊細に表現することに長けており、その感覚的な演出が『サウンドトラック #1』の没入度を高めると期待されています。

パク・ヒョンシクとハン・ソヒの間に生まれる化学反応をより一層輝かせるキム・ヒウォン監督の繊細で感覚的なロマンス演出は、『サウンドトラック #1』でしか見ることができない特別な魅力となっています。監督の才能が、このドラマをさらに際立たせる要素となるでしょう。

PR

3. まとめ

サウンドトラック #1』は、2023年3月23日にDisney+で公開されました。
ハン・ソヒは、「片思いは切ないものではなく、愚かなものだ」というセリフを引用し、「ウンスは片思いの概念を理解できない友人で、なぜ心が痛いのにその人を愛さなければならないのか理解できない」と述べました。彼女は、「これまでの作品とは異なる(明るい)キャラクターにわくわくした」と話し、「演技の変身というより、実際の性格と似たキャラクターを演じることで、表現する際の悩みが減った」と述べています。
パク・ヒョンシクは、「ウンスが片思いについて全く知らないなら、ソンウは長い間片思いをしてきた人」と述べ、「兵役後久しぶりに感じた気持ちだった」と伝えました。彼は、「演じる中で徐々にソンウに共感するようになった」と言い、「自分とキャラクターのシンクロ率は約80%だと思う」と話しました。

サウンドトラック #1』のファンの間では、4話で終わることに対して惜しむ声が多いようです。しかし、このドラマはアジア太平洋地域のディズニープラスオリジナルコンテンツの中で最も多く視聴されたトップ3に入りました。その成功を受けて、2022年11月30日にシンガポールで開催された「ディズニー コンテンツ ショーケース APAC 2022」で、シーズン2にあたる『サウンドトラック #2』の制作が正式に発表されました。

PR
サウンドトラック #1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!