韓国ドラマ『支配種』の結末ネタバレと感想

こんにちは、今日はディズニー+で話題の韓国ドラマ『支配種』の結末ネタバレと感想をお届けします。このドラマは、緊張感あふれるSFスリラーで、シーズン1の最終話で驚きの結末を迎えました。

『支配種』とは?

『支配種』は、ディズニー+オリジナルのSFスリラードラマで、全10話から成り立っています。物語は近未来を舞台に、生物工学企業BFを中心に展開されます。BFの代表であるユン・ジャユ(ハン・ヒョジュ)と、彼女に意図的に接近した退役軍人出身のボディガード、ウ・チェウン(ジュ・ジフン)が、謎の死や事件に巻き込まれ、巨大な陰謀の実態を追うストーリーです。

ドラマには、主要キャストとしてユン・ジャユ役のハン・ヒョジュ、ウ・チェウン役のジュ・ジフン、そしてソン・ウジェ役のイ・ヒジュンが出演しています。脚本は『秘密の森』のイ・スヨンが手がけ、緻密なストーリー展開と意外な結末で視聴者を魅了しました。

※以下の内容は『支配種』のネタバレを含んでおります。

あわせて読みたい
ディズニープラス『支配種』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ 【韓国ドラマ『支配種』とは】 2024年4月10日からDisney+ (ディズニープラス)で配信されるオリジナルシリーズ『支配種』は、2025年、新しい人工培養肉の時代を開いたバ...
PR

『支配種』結末ネタバレ(第9話〜第10話)

『支配種』第9話

『支配種』第9話では、人口培養臓器の研究と自らが被験者になることを発表したジャユ(ハン・ヒョジュ)が世間を騒がせます。同時に、チェウン(ジュ・ジフン)は前大統領(チョン・グクファン)を狙い、多くの命を奪ったテロ事件の真犯人が前大統領の行程をよく知る人物だと考え、前大統領の実の娘であるドーソングループ会長の元夫人(ナム・ギエ)に接触します。動揺した彼女は息子である総理ジェ(イ・ヒジュン)に相談しますが、意外にもジェは全てを打ち明けるように助言し、テロの実行犯がグン会長であることを明かし始めます。

チェウンの話から、自らを襲ったテロ犯が誰かを悟った前大統領は倒れ、チェウンは事実を知っていた総理に疑念を向け始めます。その頃、サン所長(イ・ムセン)は拘束していたヘドゥン(パク・ジヨン)の記憶から、飛び降り自殺した農家の遺族を訪ね、事件を指揮していた謎の男がソンウォン(チェ・ヨンジュン)という名で牧師になりすまして彼らを扇動していたことを突き止めます。

チェウンは全ての罪を被っていたキル(ショーン・リチャード)と面会し、彼がいとこに説得されて自白したことや、家族を人質に取られていたこと、韓国随一の富裕層がバックにいたことを突き止めます。その頃、研究所では隙を突かれ、ヘドゥンが脱走を図るが交通事故を起こしてしまいます。事件の真相を照らし合わせるチェウンとジャユは、総理がなぜ実の父を陥れようとしているのか疑問に思いますが、それを確かめる術はありません。唯一の証人であるキルのいとこを訪ねてドバイに向かうチェウンに、ジャユは彼が戻るまで移植手術を行わないことを約束します。

『支配種』第10話

第10話(最終回)では、物語が大きく展開し、驚きの結末を迎えます。

ジャユは国内の名医を集め、その技術をデータに集約し始めます。しかし、目を覚ましたヘドゥンは記憶を失い、BF社の研究所は隙を突かれてシステムをハッキングされてしまいます。ジャユを挑発して呼び出したソンウォンは、彼女が待ち合わせ場所に到着したときには既に虫の息でした。ソンウォンを車に乗せて研究所で移植手術をしようとしますが、グン会長の手下に襲われ、ジャユは車ごと立体駐車場から突き落とされて瀕死の重傷を負い、研究所に運び込まれます。

事件を知った総理ジェはBF社の家宅捜索を強行し、システムがダウンしたため、外部からの侵入を許してしまいます。手術はストップし、帰国したチェウンをはじめ職員たちは一丸となって侵入者を制圧しますが、チェウンは瀕死の重傷を負い、ジャユの手術も途中で中断せざるを得なくなります。

事件は大きく報道され、総理はテレビ番組に出演して父の潔白を訴えますが、そこでBF社がAIを駆使して再現したヘドゥンの声を使ったグン会長との通話音声が公開され、グン会長の犯罪が明るみに出ます。総理は計画通りに父を切り捨て、自らも総理の座を退き、BF社から押収した技術を手にドーソングループの会長の座を手に入れます。

ジャユやチェウンの生死について否定的な意見が流れる中、研究室の奥深くからジャユの囁き声が聞こえます。そして、意識を失っていたチェウンがまぶたを開けるシーンで物語は幕を閉じます。

PR

結末解説

お金と権力(ドーソングループ)=欲望(絶望)、ウジェの大きな野望

テロ事件は、多くの命を奪い、ジャユ(ハン・ヒョジュ)を絶えず脅かしていました。このテロの背後にはドーソングループがありました。なぜドーソングループの会長ソン・グンはこのようなテロを起こしたのでしょうか?

ソン会長は、すでに多くのお金と権力を持っていましたが、それに満足せず、永遠の命を夢見ていました。彼はジャユが開発した培養技術を手に入れようとしました。この無限の欲望が多くの人々の命とジャユ、そしてチェウン(ジュ・ジフン)を絶望に追いやったのです。

すべての証拠がソン会長を指すと、息子である総理のウジェ(イ・ヒジュン)は国民に謝罪し、祖父の無念と多くの人々の恨みを晴らすために捜査を命じました。しかし、総理自身もすでに長い間すべての真実を知っており、父のすべてを奪うために捜査を利用しようとしていました。ウジェもまた、父と同じく終わりのない欲望を持っていたのです。彼は自らの権力を使って、父のドーソングループと自由の技術を奪い、世界を支配しようとしたのです。結局、ウジェもまた別の怪物となり、堕落していきました。

BF地下の秘密空間

ウジェは自分の権力を利用して父のドーソングループと自由の技術を奪いました。これにより、ウジェはお金と権力を超え、人々の命をも操る神のような存在となり、世界も共に崩壊していくことになりました。

ジャユは、弟の苦しみを見て、自分が開発した培養技術で誰もが病気なく余生を過ごせるようにと希望を持っていました。しかし、ウジェがすべてを奪い、特権階級だけがその恩恵を受けるようになり、世界から希望が消えてしまいました。

BF地下の秘密空間にチェウンとジャユがいたことは、すべての真実を知っていた彼らが目覚め、ウジェが夢見た世界が崩壊することを示唆しています。

シーズン2に向けて多くのことが保留されているように感じる最終回でしたが、エンディングではチェウンの姿が描かれたのに対し、ジャユの声だけが聞こえました。これは、手術中の事故で体は失われ、脳だけが残り、将来の培養技術で新たに生まれ変わるのではないかという可能性を示唆しています。

PR
『支配種』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!