「最悪の悪」主演チ・チャンウクが語る、ジュンモとの出会い

ディズニー+のオリジナルシリーズ「最悪の悪」は、1990年代のソウル、江南区を舞台にした犯罪スリラーです。このシリーズでは、警察官パク・ジュンモ(チ・チャンウク)が国際的な麻薬取引を潰すため、ギャング団に潜入します。そこで、ギャングのボス、チョン・ギチョル(ウィ・ハジュン)の信頼を得なければならず、その過程で予期せぬ愛の三角関係に巻き込まれます。

1. チ・チャンウクが見るノワールの世界

チ・チャンウクは、若い頃からノワールジャンルに魅了されていました。しかし、若手俳優をフィーチャーしたノワールプロジェクトは少ないことに気づき、このジャンルへの独自の解釈を持ち込む機会としてこの役を受けました。

「最悪の悪」 チ・チャンウク

最悪の悪」での役柄を演じることは、挑戦的だったが同時に報酬も大きかったとチ・チャンウクは語ります。物語全体を通して緊張感を保つこと、視聴者を引きつける演技をすることに多くの思考を費やしました。

また、話題になったキスシーンについても語りました。チ・チャンウクは、このキスシーンが以前の作品で演じたものとは異なり、感情的に全く異なるシチュエーションであったとかたりました。キスをしてはいけない状況でありながら、キスをしなければならないというジレンマを抱えている状況を表現するのが非常に難しかったそうです。

PR

2. キャラクターとの向き合い方

ウィ・ハジュンは、DJから犯罪ボスに変わる役柄を演じています。彼は、キャラクターにカリスマ性を与えるため、より冷静で無慈悲なイメージを追求しました。彼の最初の愛、ユ・ウィジョンといる時には、彼の誠実で純粋な一面を表現しようと努めました。

このシリーズを通じて、ウィ・ハジュンは演技に対するアプローチに肯定的な変化を経験しました。彼は、セットでの緊張感から解放され、自分自身としての演技に集中できるようになったと語っています。

3. 「最悪の悪」の今後への影響

チ・チャンウクにとって、このプロジェクトは俳優としてだけでなく、人としての成長にも繋がる意味深い一歩でした。彼は、この経験を「人生を変える大きな出来事」というよりは、継続的な個人的成長の一部と考えています。
彼は「このような俳優になりたい」ことを目指すのではなく、良い人生を送り、それを楽しむことを望んでいます。これらの野心が、彼が新たな挑戦を続ける理由だそうです。
最悪の悪」は、チ・チャンウクとウィ・ハジュンにとって新たな挑戦であり、彼らの演技へのアプローチに重要な影響を与えました。このシリーズは、ノワールジャンルの新たな解釈を提示し、俳優たちの成長を促した作品です。彼らの物語と演技への情熱は、視聴者に深い印象を与えることでしょう。

あわせて読みたい
韓国ドラマ「最悪の悪」の全貌:キャスト、ストーリー徹底解説 【韓国ドラマ「最悪の悪」概要】 韓国ドラマ「最悪の悪」(原題:최악의 악)は、『新しき世界』や『傷だらけのふたり』で知られるハン・ドンウク監督と、脚本家のジャ...
PR

FAQ

Q: チ・チャンウクは「最悪の悪」でどのような役を演じていますか?
A: チ・チャンウクは、警察官パク・ジュンモとして、国際的な麻薬取引を潰すためにギャング団に潜入する役を演じています。

Q: 「最悪の悪」のあらすじは?
A: チ・チャンウクが演じるパク・ジュンモが暴力団のボス、チョン・ギチョルの信頼を得るために、暴力団に潜入するストーリーです。

Q: ウィ・ハジュンはどのような役柄を演じていますか?
A: ウィ・ハジュンは、DJから犯罪ボスに変わるキャラクター、チョン・ギチョルを演じています。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『最悪の悪』感想:高い完成度の韓国風クライムドラマ 【はじめに】 1990年代の韓国を舞台にしたディズニー+オリジナル韓国ドラマ『最悪の悪』は、人間の欲望と道徳的曖昧さを描いたアクションクライムドラマです。このドラ...
PR
最悪の悪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!