『完璧な結婚のお手本』視聴ガイド:U-NEXT独占配信韓国ドラマ

1. 『完璧な結婚のお手本』概要

U-NEXTで独占配信されている韓国ドラマ『完璧な結婚のお手本』は、夫と家族に裏切られた後、過去に戻って復讐のために契約結婚を提案する女性ハン・イジュと、彼女を妻として迎え入れるために契約結婚を受け入れる男性ソ・ドグクの物語を描く「回帰ロマンス復讐劇」です。全12話のこのドラマは、ソンフンとチョン・ユミンが主演を務め、WEB漫画が原作となっています。その独特なストーリー展開とキャストの演技力が、多くの視聴者を惹きつけています。

優れたビジュアルと演技力を持つ俳優センフン、チョン・ユミン、カン・シンヒョ、ジン・ジヒ、イ・ミニョンなどの信頼できるキャストと、感覚的な演出力で注目されたオ・サンウォン監督、引き込まれる筆力のイム・ソラ作家が組んで、注目を集めています。

このドラマは、2019年に最高賞を受賞し、評価9.9点、累積ダウンロード数900万ビューに達するイ・ボムベ作家のウェブ小説「完璧な結婚のお手本」を原作としており、すでにそのヒットと人気を認められています。

原作のしっかりとしたストーリーに基づき、スペクタクルな物語展開と爽やかな文体で知られるイム・ソラ作家が脚本を担当し、さらに没入感のあるストーリーを展開します。『死んでもいい』を通じて立体的なキャラクターと味わい深い台詞で高評価を受けたイム・ソラ作家の強烈なロマンスは、ときめきとスリリングな快感を同時に提供します。

現実的な映像美で共感を引き出したオ・サンウォン監督は、『完璧な結婚のお手本』で感覚的かつ細かなディテールを生かした演出で視聴者を魅了します。

特に、オ・サンウォン監督は、未来を知っている「回帰者」ハン・イジュ(演:チョン・ユミン)の緻密な「計画復讐」とソ・ドグク(演:センフン)とハン・イジュのロマンスまで、スペクタクルな展開を興味深い映像で完成させました。オ・サンウォン監督が最大化した爽快な演出で、視聴者に提供されるカタルシスに期待が高まっています。

PR

2. 登場人物、キャストと相関図

ソ・ドグク(演 – ソンフン)

『完璧な結婚のお手本』ソ・ドグク(演 - ソンフン)

ソ・ドグクは、33歳でインテリアプラットフォーム会社の代表を務める男性です。彼は、魅力的な外見と国内外で注目を集める経営者として、多くの人が振り返るほどの存在感を持っています。さらに、韓国の大手企業「テジャグループ」の創業者であるイ・テジャの孫ということもあり、完璧な男性として見られています。

しかし、ドグクが本当に心を寄せているのは、他にいました。それはハン・イジュです。イジュはドグクが見合いをしたハン・ユラの姉であり、秘書室長ユ・セヒョクの婚約者だった女性です。しかし、突然イジュはユラの実の姉ではなく、セヒョクとも婚約を解消したと言い、ビジネスマリッジならば自分と結婚しようと提案します。この突然の提案に興味を持ったドグクは、彼女の提案を試すためにスイートルームの鍵を渡します。

イジュは家庭の事情や自分の状況、競合会社の情報まで熟知している、計画的で聡明な女性です。ドグクはただの好奇心を超えてイジュに本気の関心を抱き始めます。そして、イジュが結婚を決意した理由が「復讐」であることを知るのです。彼女は継母イ・ジョンヘとその娘ユラ、そしてユラのために自分と結婚しようとしたセヒョクに苦痛を与えるため、ドグクを選んだのでした。

ドグクは、イジュが経験した辛い過去とその復讐を心から支援することに決めます。イジュとの時間を過ごすうちに、ドグクは彼女に対する深い感情を抱き、本当に彼女を愛していることに気づきます。しかし、彼女はその気持ちを知っているのでしょうか。ドグクはそんな疑問を抱えつつも、イジュを支え続けます。

ハン・イジュ(演 – チョン・ユミン)

『完璧な結婚のお手本』ハン・イジュ(演 - チョン・ユミン)

ハン・イジュは、31歳で職業は画家です。彼女は時間を戻し、世界に復讐するために「回帰」したという特殊な設定を持っています。そして、その事実を誰も知りません。イジュは他人と出会うことに躊躇し、自己紹介という一般的な行為が彼女にとっては最も難しいことでした。ハンウル金融グループのハン・ジンウン会長の娘であると言うには、彼女は養子でした。秘書室長ユ・セヒョクの妻であると言うには、セヒョクは時々他人よりも遠く感じられる存在でした。画家であると言うには、狭い部屋で自分の気の向くままに描いているだけでした。そんな彼女に自分を説明する言葉はありませんでした。そして、彼女に興味を持つ人もいませんでした。

しかし、唯一復讐のために選んだ男性、ソ・ドグクだけがイジュに関心を持ちます。彼はイジュに「なぜそんなに食べないの?食べ物を選ぶの?」、「趣味は何?普段は何をして過ごすの?」、「部屋のインテリアにこだわりがないって、あなたには好みがないの?」と、彼女についてのみ興味を持ちます。彼女は困惑しました。私たちはただ共通の目標のために結びついた契約結婚の関係ではないか。なぜ私にそんなことを聞くのかと反発しますが、ドグクは他人をだませるように「本当の夫婦のように見えなければならない」と言い、「本当に愛しているように振る舞うこと」を求めます。イジュはそれが間違っていないと思いますが、演技をしているうちに自分の気持ちが混乱し始めます。この人に対する私の気持ちは何なのか?そんな疑問を持ちながら、イジュは自分自身についてもっと知りたくなり、愛することを学び始めます。

ハン・ユラ(演 – チン・ジヒ)

『完璧な結婚のお手本』ハン・ユラ(演 - チン・ジヒ)

ハン・ユラは、28歳でギャラリーの首席ギャラリストです。愛らしい外見と素直で活発な性格の彼女は、ミョンドンの伝説的な人物ハン・ウンジェの唯一の孫娘です。多くの貸金業者を経営し、企業へと発展させた祖父のおかげで、ユラには十分なお金がありました。人々が裏で「ただの貸金業者」「借金で稼いだ家だ」と噂するのが気になるぐらいでした。ユラはもはやお金だけでは得られないものが必要だと感じていました。富豪の絵画仲介業をしていた母親を見て育った彼女は自然とその仕事に興味を持ちました。美術品というのは、ある意味で贅沢の極みです。一枚のキャンバスにビル一棟の価値が込められる世界。いわゆる「一流」の人々だけが参加できる、富裕層の世界です。そんな中、両親に頼んで得た全面的な支援でオープンしたギャラリー「더한」は、セレブたちの注目を集め、SNSで話題になり、すぐに有名になりました。みんながユラを好きでした。ユラの家の運転手の息子セヒョクもそうでした。イジュとの結婚理由がユラのそばにいたいからだというセヒョクの告白に、ユラは姉が気の毒でした。本当にそう思っていました。ユラはいつも姉を気にかけていました。姉はいつも温かく接し、自分たちの立場を理解してくれていました。

しかし、そんな姉が変わってしまいました。「ソ・ドグクと結婚するわ。彼も私を選んだから、あなたに申し訳ないとは思わないわ」と言うのです。初めて会った瞬間から好きになった男性。ちょっときつい態度もかっこよく見えるほど、ユラの心に強く影響を与えた男性でした。そんな人を姉が、何もないハン・イジュが取ろうとしているのです。ユラは決意しました。イジュを潰してでもその男性を手に入れると。ハン・ユラが欲しいものは、今まで手に入れられなかったことがないのですから。

ソ・ジョンウク(演 – カン・シンヒョ)

『完璧な結婚のお手本』ソ・ジョンウク(演 - カン・シンヒョ)

ソ・ジョンウクは、38歳でテジャ建設の副社長です。彼は幼い頃から、母親が家を出て行った理由や、父親が母親よりも若く美しい女性を家に連れてきた理由を理解できませんでした。「あなたがジョンウクね?よろしく。私はチャ・ヨンファよ」という新しい母親の言葉に混乱を感じながらも、ジョンウクは、周囲の同情的な視線を逃さずにおくことの重要性を理解していました。少なくとも父親と同じくらいの力を持つまでは、と考えていました。

父と新しい母親の間には弟のドグクが生まれ、両親はジョンウクにドグクをよく面倒を見て仲良くするように言いました。ジョンウクは、自分の母の場所を奪った女性の息子であるドグクに対して、自分の場所まで譲るべきかと疑問に思いました。表面上は誰にでも偽りの顔を見せることができたジョンウクでしたが、ドグクに対してはそれが難しかったのです。

子供の頃、船の上で起こったある事件が、彼らの関係をさらに複雑にしました。ドグクとの口論の末、ジョンウクの脚は大きく折れてしまいました。そして、父親がドグクの頬を強く打つ音が響きました。ジョンウクは心の中で喜びました。一生足を引きずることになる彼の脚は、ある意味で栄光の傷だったのです。父親は彼を哀れに思い、ドグクは罪悪感に苦しむはずでした。そして、その通りになり、ドグクは家を出て行きました。そうして、企業の後継者の座はジョンウクのものとなりました。

しかし、ドグクが戻ってきました。結婚する女性まで連れてきて、焦りを感じました。ドグクがすぐに子供を持って家に落ち着くかもしれないと思いました。その時、ジョンウクに意外な幸運が訪れます。ドグクとイジュの結婚が何らかの目的のための契約だと知ったのです。この結婚が戦略的な提携に過ぎないという証拠を掴み、ドグクの真意を暴けば?創業者であり会長である祖母は、嘘や不正を嫌う女性で、何もしないはずがありません。それならば、どうやってイジュに近づくか、ジョンウクは悩んでいた時、思いがけない機会が訪れます。

ユ・セヒョク(演 – オ・スンユン)

『完璧な結婚のお手本』ユ・セヒョク(演 - オ・スンユン)

ユ・セヒョクは32歳で、ソ・ドグクの会社の秘書室長です。彼はハンウル金融グループのハン・ジンウン会長の運転手であるユ・ヒョンチョルの息子で、問題を起こすことが多い父親のために家ではしばしば大きな声が上がっていました。そんな中、母親から「セヒョクがいるから私は生きている」という言葉をたくさん聞かされ、セヒョクは一生懸命勉強し、仕事にも熱心に取り組みました。その結果、成功したスタートアップ会社の秘書室長として認められていますが、実際には孤独な人物でした。誰にも言えない秘密を抱えていたからです。その秘密とは、ハン・ジンウン会長の唯一の実の娘であるユラを愛していることです。

幼い頃からずっと見守ってきたユラは、セヒョクの初恋であり、今も続いている恋愛であり、おそらく生涯で唯一の人物でした。しかし、彼女に告白する勇気はありませんでしたが、彼女の近くにいたいという願望はありました。その方法として選んだのが、ユラの姉、ハン・イジュと結婚することでした。孤児院から引き取られたハン・イジュはいつもキラキラとした目でセヒョクを見ていましたが、彼女の気持ちを受け入れることに罪悪感はありました。彼女が家族に認められようと努力する姿に共感し、彼女に良くしてあげたいと思っていました。イジュはセヒョクを愛していると言っていたので、彼女の夫になることはイジュにとっても良いことだと考えていました。

しかし、セヒョクは自分の考えが傲慢だったと気付くことになります。イジュが結婚直前に婚約を解消したからです。「他の女性を愛する男など必要ない」と言い、彼に別れを告げるイジュの態度に、セヒョクは困惑しました。そんなイジュに何が起こったのか、セヒョクは初めて彼女に興味を持ち始めます。

3. 『完璧な結婚のお手本』あらすじと感想

第1話

画家のハン・イジュは家族の肖像画を描いていました。彼女は完璧な結婚をし、夫と幸せに暮らしているはずでした。しかし、様々な出来事を経て、彼女は家族に裏切られ、最終的には悲劇的な死を迎えます。この衝撃的な展開は、視聴者の心を強く引きつけます。

序盤の感想(第6話まで)

序盤はチョン・ユミン演じるイジュの悲劇的なストーリーに重点が置かれています。しかし、2話から展開は一転し、ロマンスと復讐の要素が絡み合うドラマチックなストーリーへと変化します。特にソンフン演じるソ・ドグクのキャラクターが魅力的で、彼の登場により、物語はさらに深みを増していきます。

最終話までの感想

最終話まで見終わると、ドラマ全体を通してのスピード感とキャストの魅力が際立ちます。特に、ソ・ドグクとハン・イジュの関係性は、視聴者に深い印象を残すでしょう。復讐と愛の狭間で揺れ動く彼らの姿は、多くの感動を呼び起こします。

PR

4. 『完璧な結婚のお手本』評価


『完璧な結婚のお手本』ポスター

完璧な結婚のお手本』の魅力と評価についてまとめると、このドラマは独特な設定と迅速な展開によって、視聴者に強烈な感動を与えています。

このドラマの脚本家、イム作家の最初の作品は「死んでもいい」というオフィスドラマでした。これは、上司である悪質なバック・ジンサン(演 – カン・ジファン)と、はっきりと物を言う代理のイ・ルダ(演 – ペク・ジニ)がタイムループを経験し、変化していく様子を描いています。上司のパワハラや傲慢な態度が視聴者の怒りを引き起こす一方で、タイムループを通じてバック・ジンサンが自分の過ちを深く反省し改心する過程が説得力を持って描かれ、大きな関心を呼びました。

「タイムループ」というファンタジーな設定の背後には、ワーキングマザーの話からバック・ジンサン、イ・ルダ、カン・ジュンホ(演 – コンミョン)の三角関係に至るまで、現実に基づいたストーリー展開で共感を失わずに多彩な楽しさを提供しました。

何よりも、変わったバック・ジンサンが会社の不正を堂々と告発し、爽快な感動を与えたのがこのドラマの魅力でした。特に、バック・ジンサンの変化を支えるイ・ルダがドラマの初期から自分の信念を明確にする強いキャラクターとして視聴者に共感を与えました。これが、物語後半の感動を強調するために、初期のもどかしさを耐える他の成長ドラマとは異なる点でした。これを時にはコミカルに、時には真剣に描きながら、テンポの調整を行い、魅力的な「サイダーキャラクター」たちが生まれました。

完璧な結婚のお手本』もまた、回帰設定を通じて新しい興味を喚起すると同時に、積極的な展開で復讐劇の魅力を際立たせています。死から戻ったハン・イジュがなぜ復讐を決意したのか、その物語を伝えるとともに、財閥3世ソ・ドグクとの芽生えるロマンスを描いています。

完璧な結婚のお手本』は、復讐とロマンスが見事に融合した韓国ドラマです。その独特の設定とテンポの良いストーリー展開は、視聴者をドラマの世界に引き込みます。キャストの熱演も見どころの一つで、特にソンフンとチョン・ユミンの演技は印象的です。全12話というコンパクトながらも内容の濃いこのドラマは、U-NEXTで独占配信されており、韓国ドラマファンには必見の作品です。

PR
完璧な結婚のお手本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!