Netflix韓国ドラマ「ドクタースランプ」視聴ガイド:キャスト、見どころ

Netflix韓国ドラマ「ドクタースランプ」とは

2024年1月27日よりNetflixで配信する韓国ドラマ『ドクタースランプ』。このドラマは人生の波乱万丈な2人の主人公、ナム・ハヌルとヨ・ジョンウのロマンチックコメディです。彼らは人生の最大の暗黒期に再会し、相互の光となる過程を描きます。笑いとときめき、暖かい慰めを提供する作品です。

PR

「ドクタースランプ」あらすじ

ドクタースランプ』は、ナム・ハヌルとヨ・ジョンウという、人生の異なるステージにいる二人の主人公が中心です。ナム・ハヌルは、学生時代から努力家で、医者になった後も仕事に没頭する人物。一方、ヨ・ジョンウは、かつてのライバルで、トップの成績を収めることに情熱を燃やしていました。

ドクタースランプ』企画意図

14年前の「全国模試」で、2人の満点者がいました。

一人は、ソウルの名門高校に通う「ヨ・ジョンウ」で、彼は入学以来、一度も学年首席を逃したことがありません。医学部に行くために生まれたかのような子で、優れた成績、気立ての良さ、そして端正な外見を兼ね備えていました。生徒だけでなく、教職員からも愛される「好感型天才」でした。

もう一人は、釜山のある魚肉ソーセージ工場の長女「ナム・ハヌル」で、彼女は100%の成果を出すために120%の努力をする「猛烈な天才」でした。授業が終わると狂ったように家に走り、もっと勉強するために!友達とは1日10分以上話さず、目覚めのために唐辛子をかじるほど、まさに「勉強に夢中な人」でした。

この2人は、お互いを知らずに、それぞれが独立して1位になる生活をしていればよかったのですが、偶然にもナム・ハヌルがヨ・ジョンウのクラスに転校してきます。いつも優雅に勉強してきたヨ・ジョンウは、ナム・ハヌルの熱狂的な行動に驚愕し、一緒に過激な行動を取り、終わりのない「黒歴史」を作り出します。

14年後、彼らは再び出会います。一人は10億ウォン規模の訴訟で仕事を辞め、もう一人はバーンアウトで仕事を辞めた時期に!皆が羨むような人生を送っていた彼らが、突然の失業者となり、人生最悪のスランプに陥ります。

この物語は、人生の順調な道を歩んでいた「男女の医師」が共に底に落ち、共に耐える過程を描いています。苦しみを乗り越えようともがくのではなく、一緒に時間を過ごし、適度な幸福を見つける話です。

小さなことは落ち着いて流し、自分自身を苦しめない生活。その方法を一緒に見つけていく、どこかの物語。

スランプに陥った医師たちの人生を再生させる「ドクタースランプ」。

「ドクタースランプ」公式ポスター

「ドクタースランプ」キャスト、登場人物など

ドクタースランプ』は、感覚的で繊細な演出で評価されたオ・ヒョンジョン監督と、ウィットに富んだ筆力を見せるペク・ソンウ作家がタッグを組んでいます。この二人の組み合わせが、ドラマの質を一層高めています。

ナム・ハヌル(演:パク・シネ)

「ドクタースランプ」ナム・ハヌル(演:パク・シネ)

女優パク・シネは、バーンアウト症候群に苦しむ麻酔科医「ナム・ハヌル」役を演じます。彼女は、勉強と仕事以外は何もできない生活を送っていましたが、ある日、自分の人生が崩壊してしまうことに気付き、変化を決意します。この役柄では、ナム・ハヌルが直面する人生の挑戦と、それに対する彼女の成長が描かれています。パク・シネの演技が、ナム・ハヌルの心情や彼女の変化の過程を深く表現しており、ドラマの重要な部分を占めています。

ヨ・ジョンウ(演:パク・ヒョンシク)

「ドクタースランプ」ヨ・ジョンウ(演:パク・ヒョンシク)

ヨ・ジョンウは、スターの整形外科医として登場します。彼の人生は、学生時代から順風満帆でした。学校では常にクラスのトップを維持し、その後も優れた医師としての道を歩んできました。しかし、突如として起きた医療事故が彼の人生を一変させます。この事故により、彼は人生最悪のスランプに陥り、その結果、人生が岐路に立たされます。

ビン・デヨン(演:ユン・パク)

「ドクタースランプ」ビン・デヨン(演:ユン・パク)

ビン・デヨンは、大学の同期であるヨ・ジョンウをライバルとして意識しているものの、実は彼を誰よりも理解しているキャラクターです。彼は自信に満ち溢れ、プライドが高い整形外科医として描かれています。この複雑な人物像を、俳優ユン・パクが演じています。

イ・ホンラン(演:コン・ソンハ)

「ドクタースランプ」イ・ホンラン(演:コン・ソンハ)

イ・ホンランは、ナム・ハヌルの親友で、同じく麻酔科医として働いています。彼女は、ビン・デヨンと何とも言えない関係に巻き込まれることになります。

ミン・キョンミン(演:オ・ドンミン)

「ドクタースランプ」ミン・キョンミン(演:オ・ドンミン)

ミン・キョンミンは、ヨ・ジョンウが高校3年生の時に、彼に個別指導をしていた医学部の先輩です。彼らはその後も兄弟のように非常に親密な関係を維持しています。

「ドクタースランプ」見どころ

パク・ヒョンシクとパク・シネのケミストリー

俳優パク・ヒョンシクとパク・シネが、ドラマ『ドクタースランプ』で約11年ぶりに再会し、その化学反応に注目が集まっています。二人は以前「相続者たち」で共演して以来、久しぶりにスクリーンで再び息を合わせ、「ロコ(ロマンチックコメディ)力満点」のケミストリーを見せることが期待されています。最も輝かしい時期と最もみすぼらしい時期を共にする二人の男女の、幼稚だけど新鮮で、楽しくてドキドキする関係の変化を描く予定です。

パク・ヒョンシクは、スターの整形外科医からスランプに陥る「ヨ・ジョンウ」として、また一つ人生のキャラクターを更新し、パク・シネはバーンアウト症候群に苦しむ麻酔科医「ナム・ハヌル」として、「ロコクイーン」の帰還を告げました。

さらに、傲慢でプライドが高い整形外科医「ビン・デヨン」役のユン・パクと、ナム・ハヌルの友人であり麻酔科医「イ・ホンラン」役のコン・ソンハが加わり、ドラマに新たな楽しさを加えています。学生時代に学年1位を争っていた「ライバル」から人生最悪の瞬間に再会したナム・ハヌルとヨ・ジョンウ、そして異なるようで似ているシングルパパ・シングルママのビン・デヨン(ユン・パク)とイ・ホンラン(コン・ソンハ)まで、4人の「青春ドクター」が紡ぎ出す物語が気になります。

現代人の心を慰めてくれるストーリー

Netflixで配信されている韓国ドラマ『ドクタースランプ』は、現代人なら誰もが経験するかもしれない心の病をテーマにしています。このドラマでは、何事もうまくいっていたスターの整形外科医ヨ・ジョンウが医療事故の後にスランプに陥り、仕事に没頭して生きてきたワーカホリックの麻酔科医ナム・ハヌルがうつ病とバーンアウトを経験します。これらのキャラクターを通じて、「ドクタースランプ」は心の病に直面し、それをどのようにして治療し、乗り越えるかを探求します。

監督を務めるオ・ヒョンジョンは、「ドクタースランプ」に登場するキャラクターたちは外見上は完璧に見えるかもしれないが、内面は傷つき、病んでおり、心の病を治療し、乗り越える方法は愛する人々の力によってのみ可能だというポジティブなメッセージに惹かれてこの作品に参加したと述べています。ヨ・ジョンウとナム・ハヌルの物語を通じて、視聴者は笑い、ときめき、共感、そして慰めを受け、疲れた心と体に温かい処方箋を提供します。

ロマンティックコメディジャンルに特化した制作チーム

Netflixで配信されている韓国ドラマ『ドクタースランプ』は、「ロコ(ロマンティックコメディ)ドリームチーム」と呼ばれるオ・ヒョンジョン監督とペク・ソンウ作家によって作られました。オ・ヒョンジョン監督は「その男の記憶法」「ウェイトリフティング・フェアリー キム・ボクジュ」で感覚的で繊細な演出を、ペク・ソンウ作家は「間違った同居」「キム秘書はいったい、なぜ?」でウィットに富んだ筆力を披露してきました。この二人が組むことで、視聴者に楽しい笑いと温かいときめきをもたらすロマンティックコメディが完成しました。

特に、7年ぶりにロマンティックコメディの演出を手掛けたオ・ヒョンジョン監督は、「ドクタースランプ」の魅力は、絶望的な現実に直面しても諦めず、愛と人々の力でそれを乗り越えていくキャラクターを楽しく描くことにあると語っています。そして、「人生最悪の瞬間が人生最高の瞬間への第一歩になり得る」という希望を、ドラマを通じて体験してほしいと願っています。オ・ヒョンジョン監督は、癒しを求める人や心に傷を持つ人に対して、このドラマが慰めと安らぎを提供することを願っています。

PR

「ドクタースランプ」まとめ

Netflixの韓国ドラマ『ドクタースランプ』は、ロマンチックコメディの要素と共に、人生のスランプを経験する人々のリアルなストーリーを描いています。パク・シネとパク・ヒョンシクの演技、感覚的な演出、ユーモラスなストーリーラインが見事に融合しており、視聴者に新鮮な魅力を提供します。このドラマは、日常からの小さな逃避として、または人生のスランプを乗り越えるヒントとして、ぜひおすすめします。

最後に『ドクタースランプ』に出演している女優パク・シネが、彼女が演じるキャラクター「ナム・ハヌル」と役作りについて語ったコメントを紹介します。

パク・シネは「人生で誰もが一度はスランプを経験すると思う。私もそのような経験があった。そのため、ナム・ハヌルというキャラクターが感じる感情に共感を覚えた」と述べています。また、「これまでに多くのジャンルの作品を見せてきたが、日常的で平凡な話の中で癒しを提供できる作品で挨拶したかった」と作品選びの理由を明かしています。

さらに、彼女は「感情の変化」を演技の重点に置いており、「役作りのために精神科医と話す機会があった。うつ病になっても一日中無気力ではないというアドバイスを受けた」と述べています。そして、「様々な感情を持ちながら、困難に直面したときにどのようにそれを乗り越えるかを一時的に忘れてしまうだけだと言われた。その点を考慮して演技した。無気力で不安を抱えていたナム・ハヌルが、家族やヨ・ジョンウによって癒される過程をしっかりと描きたかった」と、彼女の役作りに対する思いを語っています。パク・シネのこのような深い考察は、彼女の演技に豊かな表現力とリアリティをもたらしています。

PR
「ドクタースランプ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!