『マイ・デーモン』見どころ:ソン・カンとキム・ユジョンのケミストリー

1. 『マイ・デーモン』の世界観

マイ・デーモン」の主人公は、ジョングォン(演:ソン・カン)という特別な存在です。彼は、何百年も同じ顔で生き続ける不思議な力を持っています。人間として生まれたものの、地獄で働くために必要だった神に選ばれ、デーモン(悪魔または魔物)として生きています。デーモンは元々、人間の隣で生活し、守護神として人間を守る役割を果たしていました。しかし、ジョングォンは自分のことを「魔物」と呼んでいます。彼は、人々の切実な願いを利用して契約を結び、それによって永遠の命を享受しています。過去200年間、何不自由なく生きてきたジョングォンは、これからも永遠にその力を持ち続けることを期待しています。彼の唯一の願いは、現在の平和が永遠に続くことです。

PR

2. 『マイ・デーモン』の初期ストーリー

マイ・デーモン」の中で、ドドヒ(演:キム・ユジョン)が登場することにより、主人公ジョングォン(演:ソン・カン)の日常に変化が起こります。ジョングォンはデーモンで、人間との契約を結ぶことで永遠の命を享受していました。彼には、契約を結んだ後に一人でケーキを食べて祝うというルーチンがありましたが、ドドヒが彼の前に現れたことで、事態は一変します。

最初は誤解から始まった二人の関係ですが、ドドヒが危険な状況に陥り、ジョングォンに救助を求めることになります。ジョングォンはドドヒに「世の中にタダはない」と言い、彼女に契約を提案します。しかし、その後、二人は一緒に海に落ち、ドドヒが意識を取り戻してジョングォンを救出しようとします。これまで他者を救ってきたジョングォンが、逆にドドヒに救われるという皮肉な状況が生じ、ドドヒの手首にあるデーモンの印がジョングォンに移るという出来事が起こります。

マイ・デーモン」は、デーモンや人間として選ばれた者、魂を質にした血の契約など、ファンタジー要素が豊富に盛り込まれています。特にジョングォンは、一時的に自分の力を失いますが、ドドヒの手を取ることで再び力を使えるようになります。また、ドドヒも自分の目的のためにジョングォンの力が必要になり、彼と手を組むことに。結局、二人は共存のために運命共同体となることを決意します。

3. 『マイ・デーモン』の展開

マイ・デーモン」は、悪魔のような大企業の後継者であるドドヒ(演:キム・ユジョン)と、一時的に能力を失った悪魔のジョングォン(演:ソン・カン)が結ぶ契約結婚を軸に展開するファンタジーロマンティックコメディです。ドラマの中で、彼らは限られた幸せを提供し、その代わりに地獄へと導く悪魔との契約をテーマにしています。この契約は「救済」の物語として描かれています。

「救済」とは、困難や危険に陥った人を救うことを意味します。このテーマは、多くの物語の中で重要な役割を果たしています。例えば、「人魚姫」の中の王子は、海に落ちて命の危険にさらされた際、人魚姫に救われ、彼女に恋をします。また、「白雪姫」は、毒りんごを食べて深い眠りについた後、王子によって救われ、恋に落ちます。このように、何かの危機から救われたことがきっかけで恋に落ちることは、多くの物語で見られるパターンです。

マイ・デーモン」では、ジョングォンとドドヒもこのパターンに従い、物語の初めから互いに救い合い、関係を築いていきます。ジョングォンは、これまで多くの人間を救ってきましたが、ドドヒに初めて救われ、その後も彼女の命を救います。このように、お互いが救済者となる彼らの物語は、美しい映像とともに展開され、ファンタジーロマンスの頂点を極めます。

4. キム・ユジョンとソン・カン

マイ・デーモン」で、大学生の時に会社を設立し、わずか7年で業界トップに上り詰めたワーカホリックのCEO、ドドヒを演じるのはキム・ユジョンです。キム・ユジョンは、ドラマ「太陽を抱く月」「雲が描いた月明かり」「赤い天使」と映画「20世紀少女」などで、初恋の甘酸っぱい感情を見事に表現し、「初恋のアイコン」として名を馳せました。今回のドラマでは、これまでにない辛辣で高慢なキャラクターを演じ、新たな魅力を発揮しています。

一方、ソン・カンは、人々に永遠の命を約束し、その代わりに魂を要求するデーモン、ジョングォンを演じます。Netflixオリジナルシリーズ「スウィートホーム」に続いて、再び人間ではない存在を演じることになったソン・カンは、自由な想像力を発揮し、現実世界では出会うことのないキャラクターを視覚化しています。彼の長身とがっしりとした体格、善と悪が共存するような魅力的な顔立ちで、デーモンという存在を表現しています。その繊細な演技力は、ドラマの説得力と一貫性を高めています。幸いなことに、ソン・カンの不足している部分は、キム・ユジョンが補っています。

あわせて読みたい
『マイ・デーモン』の全て!キャスト、あらすじなど徹底解説 2023年11月24日にNetflixで公開されるキム・ユジョン、ソン・ガン主演の韓国ドラマ「マイ・デーモン」 【はじめに】 「マイ・デーモン」は、悪魔のような財閥の令嬢、ド...
PR

5. 『マイ・デーモン』まとめ

マイ・デーモン」は全16話が予定されています。ドラマの主人公であるドドヒ(演:キム・ユジョン)とジョングォン(演:ソン・カン)がどのような結末を迎えるかはまだ不明ですが、二人の間には契約結婚が待ち構えていることが予想されます。「マイ・デーモン」は、人間として生まれながら非人間的な存在となったデーモンと、人間との間に芽生える感情や、デーモンの能力が行き交う複雑な関係を描いています。

ファンタジードラマとして、視聴者が乗り越えなければならない壁が存在します。一部の人にとっては「B級感覚」と感じられるかもしれませんが、その壁を超えると、視覚的に魅力的なファンタジーの世界が待っています。視聴者は、ドドヒとジョングォンの間で展開される物語を通じて、ファンタジーの新たな魅力を体験することができるでしょう。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『マイ・デーモン』1話感想:あらすじ、見どころ 【1. 『マイ・デーモン』とは?】 『マイ・デーモン』は、2023年11月24日に韓国SBSとNetflixで放送開始された話題の韓国ドラマです。『マイ・デーモン』は、財閥の令嬢...
PR
マイ・デーモン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!