韓国ドラマ『ムービング』1~3話感想!韓ドラ風のヒーロー物語

1. はじめに:ディズニープラス「ムーヴィング」

韓国のエンターテイメント業界は、K-POPや韓ドラで世界的に知られていますが、それだけではありません。韓国のウェブトゥーンと言われるオンライン漫画もまた、そのクリエイティビティと多様性で多くのファンを魅了しています。その中で特に注目を集めているのが、2億回以上の閲覧数を誇るウェブトゥーン「ムーヴィング」です。

この物語は、一見すると日常に生きる普通の人々が主人公ですが、実は彼らは超能力を持っています。そして、その能力には大きな謎と責任が伴っています。そんな「ムーヴィング」がついにディズニープラスでドラマ化されたのです。

このドラマ化には多くの期待が寄せられています。原作のウェブトゥーンが持つ深みと複雑性、そして何よりその独特の世界観をどう映像で再現するのか。さらには、原作にはなかった新しいキャラクターやプロットが追加されているという点も、ファンにとっては見逃せないポイントとなっています。

今回は、そんな「ムーヴィング」のディズニープラス版について、初回から第3話までの序盤のストーリーとその魅力、そして何がこのドラマを特別なものにしているのかについて深掘りしていきます。

ムービングイラストポスター
PR

2. 「ムーヴィング」序盤ストーリー概要:謎と超能力が交錯する世界

2.1. 謎多き配達員「フランク」

ムービング フランク

物語の幕開けは、一筋縄ではいかない配達員、フランクとともに始まります。この人物が最初から視聴者に与える印象は、明らかに通常の配達員とは異なる何かを感じさせる存在です。彼が携える小包、そしてその小包を渡す相手もまた、一筋縄ではいかない人物ばかり。フランクが担当する配達先で何が行われているのか、その背後には大きな謎が広がっています。

2.2. 超能力を持つ少年たち

ムービング高校生ポスター

この物語のもう一つの軸となるのは、超能力を持つ少年たちです。主人公の一人、ボンソクはその代表格と言えるでしょう。彼は母親と二人で暮らしており、表向きは普通の学生生活を送っています。しかし、その実、彼は物体を浮遊させる能力を持っています。この能力はまだ不完全で、感情によってコントロールがきかなくなる場面も。その不安定な能力が物語にどのような影響を与えるのか、注目が集まります。

2.3. フランクの真の目的

最も謎に包まれているのが、フランクの真の目的です。彼はなぜこれほどまでに怪しい配達を続けているのか、そしてその配達先で何が交わされているのか。さらに、フランクと超能力を持つ少年たちとの関係は一体何なのか。この複数の疑問が、物語全体を通して解き明かされていくことでしょう。

2.4. 超能力と日常生活

超能力を持つとはいえ、主人公たちは日常生活の中でその能力をどう生かすか、または隠すかに苦悩しています。学校での友情、家庭内の繊細な関係、そして恋愛。これら日常の出来事が、彼らの超能力とどう絡み合い、物語に深みを与えるのかが見どころの一つです。

3. 「ムーヴィング」の魅力的なキャラクターたち:多面性と成長が織り成す人物像

3.1. フランク:不明瞭な背景と倫理観

ムービング_フランク登場シーン

原作にはなかった新キャラクターフランクは、このドラマの中でも最も神秘的なキャラクターです。彼がどこから来たのか、何のために行動しているのか、そして何を目指しているのか――これらは視聴者が最も知りたがるポイントでしょう。フランクの行動原理は独自の倫理観に基づいているようでありながら、その詳細は不明瞭です。この不明瞭さが視聴者を引き込む要素となっています。

3.2. ボンソク:少年から大人へ

父の飛行能力と母の超人的な五感を受け継いだが、これを明らかにせず現在を生きていく高校生です。能力発現が感情に大きな影響を受けるため、かわいい転校生ヒスに恋心を持ち始めて能力制御に困待っています。ママのいうことはよく聞くいい息子ですがヒスのことが気になり徐々に大人になっていくボンソクが楽しみです。

3.3. ヒス:可愛すぎる転校生。だが、彼女も超能力が…

かわいい転校性ヒス!再生能力を持っていますが、自分の能力を隠して生きています。同じく片親と暮らしているボンソクとすぐに仲良くなりますし、かわいい見た目と違って男前な性格ですが、心のどこかで悲しみを持っているようです。

3.4.ミヒョン:母として、女性として

ムービング_ミヒョン

ボンソクの母であるミヒョンもまた、この物語で非常に重要な役割を果たします。現在一人でとんかつ屋を運営しながらボンソクを育てるままです。遠いところを望遠鏡のように見たり、上層の音を盗聴機なみに聞いたり、とんかつを食べてソースの材料をすべてわかるなど、超人的な五感を持った人です。

4. 「ムーヴィング」序盤までの感想:期待を超える展開と深化するキャラクター

4.1. 高い緊張感と謎の多層性

第1話から第3話までを見た感想として最も際立っているのは、その高い緊張感です。特にフランクが登場するシーンでは、その目的や次の行動が読めず、画面から目が離せません。加えて、ボンソクやその他のキャラクターたちについても、新たな謎や疑問が次々と投げかけられ、物語の多層性が一気に深まりました。

4.2. キャラクター同士の微妙な関係性

この3話で特に感じたのは、キャラクター同士の関係性の微妙な変化です。特にボンソクとヒスの関係は、学園ドラマのように温まりますが、ボンソクが学校に行った後のミヒョンやフランクの登場シーンは緊張感があり、これからの展開が気になって目を離せなくなります。

4.3. 視覚的なインパクト

物語やキャラクターだけでなく、この作品の視覚的なインパクトも見逃せません。特に超能力を使用するシーンの映像は、視覚的にも楽しませてくれます。それがさらに高い緊張感を生んでおり、視覚とストーリーがうまく結びついています。

4.4. 期待を超える展開

第3話の終わりには、新たなキャラクターと出会い、物語が一気に加速します。これまでの疑問が一部解消されつつも、新たな謎と緊張感が生まれ、次回への期待が高まりました。

PR

5. まとめ

「ムーヴィング」は、韓国で2億回以上の閲覧数を記録した漫画が原作です。本来、ネットフリックで制作するという噂がありましたが、ディズニープラスが最終的に勝ち取った形になり、韓国では制作段階でもかなり話題になっていました。このディズニープラスの新作オリジナルドラマは、その期待を裏切らない素晴らしい作品になっています。

第1話から第3話までを見た限り、このドラマは多くの視点で楽しませてくれる作品であり、今後が非常に楽しみです。次のセクションでは、この作品がどのようにして多くのファンを獲得したのか、その魅力について詳しく説明していきます。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『ムービング』完全ガイド:キャスト、超能力など 【】 2023年8月9日から、ディズニー・プラスの新作ドラマ『ムービング』がついに公開されました。同名のウェブトゥーンが原作となっており、全20話からなる大作で、その...
PR
ムービング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!