韓国ドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun」視聴ガイド

「太陽の末裔 Love Under The Sun」とは?

韓国ドラマ『太陽の末裔 Love Under The Sun』は、2016年に韓国のKBS2で放送され、その後、日本を含む世界中で大きな話題となりました。圧倒的な人気と高い視聴率を誇るこのドラマは、韓国ドラマの新たな金字塔を打ち立てたと言えるでしょう。韓国ドラマ『太陽の末裔 Love Under The Sun』を視聴できるおすすめサービスはU-NEXTです。今回は、このドラマの魅力について、キャストやあらすじ、見どころなどを徹底解説します。

PR

「太陽の末裔 Love Under The Sun」概要

太陽の末裔 Love Under The Sun』は、KBS2で2016年2月24日から4月14日まで放送され、全16話で構成されています。演出はイ・ウンボク監督とペク・サンフン監督が手掛け、脚本はキム・ウンスク作家とキム・ウォンソク作家が担当しました。社会現象を巻き起こしたこのドラマは、韓国の「第52回百想芸術大賞」でテレビ部門の大賞を受賞し、主演のソン・ジュンギとソン・ヘギョは人気俳優賞とグローバルスター賞を受賞しています。

「太陽の末裔 Love Under The Sun」あらすじ

「太陽の末裔 Love Under The Sun」公式ポスター

主人公のシジン(ソン・ジュンギ)とデヨン(チン・グ)は軍人で、休暇中のある日、不良青年を追って病院に急行します。そこで彼らは女性医師モヨン(ソン・ヘギョ)と出会いますが、彼女は彼らを不良仲間だと勘違い。シジンはモヨンに一目惚れし、積極的にアプローチします。誤解が解けて互いに急接近するものの、シジンの任務で離れ離れに。その後、運命的な再会を果たす二人の恋の行方は…?

「太陽の末裔 Love Under The Sun」キャスト

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)

特戦司令部の大尉で、テベク部隊のモウル中隊の中隊長(アルファチームのチーム長)を務めています。勉強や運動が得意で、多くのことをこなすことができるシジンは、陸軍士官学校を選びました。彼の父は名誉転役した陸軍元士で、シジンが軍人の道を歩むことを当初は引き止めようとしました。しかし、シジンは父の歩んだ道を尊敬し、それに従うことが父にとっての最大の勲章であると考えています。

シジンは、子供や老人、美人を保護するという信念を持っており、高校生がタバコを吸うのを見ても勇気をもって注意することができます。危険な状況においても正しいことを貫くという彼の考え方は、軍人としての名誉と愛国心を表しています。そんな彼は、ある日、生き生きとしていて粗野な医師カン・モヨンと出会います。この出会いが、物語における重要な転機となるのです。

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)

特進病棟のVIP担当教授であり、胸部外科の専門医としても活躍しています。モヨンは、医療奉仕団のチーム長を務め、その腕前は高く評価されています。

モヨンの人生は容易ではありませんでした。彼女は女子大生としての甘い思い出がなく、医学部の厳しい環境で6年間を過ごしました。その後、胸部外科レジデントに志願し、優秀な成績で専門医の資格を29歳で取得しました。手術室では教授の信頼を勝ち取り、第一アシストとしての役割を果たしてきました。しかし、彼女の能力にもかかわらず、所属する病院の内部政治には疎外感を感じていました。

モヨンはヒポクラテスの誓いを重んじ、医師としての使命感を持っています。しかし、現実の医療界の冷たさや厳しさに直面し、理想と現実のギャップに苦悩しています。そんな中、シジンとの出会いが彼女の人生に新たな変化をもたらします。長い間忘れていた情熱を再び思い出し、彼のため、そして自身のために、再びメスを握る決意をします。

ソ・デヨン(チン・グ)

特戦司令部の選任上士です。テベク部隊のモウル中隊の副中隊長(アルファチームの副チーム長)を務めています。デヨンは生まれたときから軍人にふさわしい人物であり、軍服が非常に似合う男性です。

デヨンは、家族と祖国を自分の手で守っているという強い誇りを持っており、特戦司での経験を経て、特殊捜索陸軍特戦救助隊で活躍しています。彼は四川省、ハイチ、東日本大震災など、世界各地の被災地域での救助活動に参加し、その功績で感動を呼んでいます。

ドラマの中で、デヨンは中隊長シジンの後輩であるユン・ミョンジュと恋に落ちます。しかし、彼女の父が特戦司令官であり、シジンを娘婿に選んでいるという事実を知ると、デヨンは複雑な心境に陥ります。デヨンは自分の感情を抑え、ミョンジュとの別れを選ぶことになります。この決断は彼にとって非常に重いものであり、ミョンジュも彼の決断に納得がいかず、彼を追いかけるようになりますが、デヨンは彼女から逃げ続けます。この逃避行は彼の意志ではなく、命令によるものだったのです。

ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)

テベク部隊に派遣された軍医官で、整形外科の専門医として活躍しています。ミョンジュは、特戦司令官の娘として知られ、「将軍の娘」としても名高いです。

彼女は、男兄弟がいない一人娘であり、そのため、家族からは特に期待されている存在です。軍医官として初めて赴任した部隊でソ・デヨンに出会い、彼に対して強い感情を抱くようになります。しかし、ミョンジュは司令官の娘であり、陸軍士官学校出身の軍医将校であるため、高校卒業後に検定試験を経て副士官となったデヨンとの恋愛がスムーズに進むはずがありませんでした。

ミョンジュは、初めて軍人になったことを後悔し、終わりの見えない愛に苦悩します。彼女の未練は次第に愛憎の感情へと変わり、デヨンの周囲をぐるぐると回り続けます。しかし、デヨンは彼女から逃げ続けるため、ミョンジュは一方的な別れを受け入れざるを得なくなります。デヨンの逃避行は、ミョンジュにとって理解しがたい行動であり、彼女の心は複雑な感情に満ちています。

あわせて読みたい
Netflix韓国ドラマ『私の解放日誌』視聴ガイド:キャスト、見どころなど徹底解析! Netflixで配信されている韓国ドラマ『私の解放日誌』は、多くの視聴者を魅了しています。この記事では、ドラマの概要、あらすじ、キャスト、そして見どころを紹介し、そ...

ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)

一般外科専門医です。彼は実力主義者であり、コネを嫌い、自分の能力を信じています。言葉では厳しく、コネや表面的な行動を批判しますが、彼はカン・モヨンを最も信頼できる人物と見なしており、最終的には彼女に頼ることになります。

ハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)

救急室看護チーム長です。彼女は自己愛や慈悲心から距離を置くような性格で、直接的な発言で知られています。彼女の鋭い言葉は、後輩看護師や研修医に恐れられており、彼女を非難することは容易ではありません。

チェ・ミンジ(パク・ファニ)

救急室看護師で、医療奉仕団の中で最も若い看護師です。彼女は明るく社交的な性格で、「応急室のビタミン」と呼ばれるほど、周囲に元気を与える存在です。彼女は末っ子であり、どこにいても周囲の顔色をうかがいつつ、必要なことを言ったり行動したりします。

イ・チフン(オンユ、SHINee)

胸部外科レジデント1年目のキャラクターです。彼は日々、ソン・サンヒョン医師から厳しい指導を受けており、その叱責が一日の大半を占めるほどです。チフンは、一見すると厳しい環境で育ったかのように見えますが、実際には裕福な名門家庭の中で大切に育てられた末っ子です。

キム・ギボム(キム・ミンソク)

過去にチンピラたちとの付き合いを清算し、ソ・デヨンに従って軍に入隊しました。軍隊に来てからは、以前の恐ろしい人々から逃れる代わりに、さらに恐ろしい上司たちに出会ったと感じています。ギボムは長い間の自炊経験を活かし、料理の腕前を部隊内で発揮しており、その能力で部隊内の地位を確立しています。デヨンは彼と同じ境遇を感じ、特に気にかけています。

「太陽の末裔 Love Under The Sun」見どころ

多様なジャンルが融合したドラマ

太陽の末裔 Love Under The Sun』は、多様なジャンルが融合したドラマで、その魅力については、出演者自身も様々な見解を持っています。主人公ユ・シジン大尉役のソン・ジュンギは、このドラマをメロドラマと考えていると述べていますが、それだけに留まらないとも言っています。一方で、キム・ジウォンが演じる軍医官ユン・ミョンジュは、現場では「災害軍隊メディカルドラマ」と呼んでいたと言います。公式ホームページやポータルサイトでは「ヒューマンメロドラマ」という言葉も見られます。

このドラマはメロドラマ、災害ドラマ、ヒューマンドラマ、ロマンティックコメディといった多岐にわたるジャンルが混在していますが、それぞれの要素が複雑であるというよりは、むしろ「愛と人間の価値」というテーマに向かって、多様で豊かなストーリーが調和し、スピーディで弾力的に展開されているのが特徴で

100%事前制作による完成度の高いドラマ

太陽の末裔 Love Under The Sun』が多彩なストーリーを巧みに織り交ぜることができた最大の理由は、ドリームチームの製作陣による100%事前制作にあります。著名な作家であるキム・ウンスクは、今回も感覚的で爽快なメロドラマを作り出し、視聴者の心を掴む内容となっています。「建物を破壊するような大金を使った話を書いた」とキム・ウォンソク作家が述べており、災害に立ち向かう人々のストーリーを展開しています。これら二人の作家が共同で創り出したストーリーは、非常に面白く、期待を集めています。

また、細部にこだわり、密度の濃い演出で知られるイ・ウンボク監督とペク・サンフン監督が、目を離せない美しい映像を創り出しました。これらの監督は以前にもドラマ「秘密」で共同演出を経験しており、その相性の良さが伺えます。時間に追われることなく、完成度を高めることに専念し、国内外のロケーションを駆使した「事前制作によって可能になった映像」が、これまでにない視覚体験を提供すると製作陣は語っています。

魅力的なサブキャラクター


太陽の末裔 Love Under The Sun』では、主役カップルだけでなく、サブキャラクターも非常に魅力的です。特に注目されるのは、準主役とも言える「ソ・デヨン」と「ユン・ミョンジュ」の二人です。

デヨンは、主人公シジンと同じ「アルファチーム」の副チーム長を務める軍人で、ミョンジュは軍医です。二人は軍人としてお互いの仕事に深い理解を持ち合わせており、その点では問題がないように思えます。しかし、彼らの関係には大きな障害が立ちはだかります。それはミョンジュの父であり、軍の司令官です。

ミョンジュの父は、階級も立場も異なるデヨンとの関係を強く反対します。デヨンはミョンジュを愛しているが故に、上司の命令に従い、身を引く決断をします。一方でミョンジュは、自分の気持ちをストレートに伝え、デヨンへの愛を貫こうとします。この二人の葛藤と愛情の物語は、ドラマの重要な要素の一つとなっています。

PR

「太陽の末裔 Love Under The Sun」まとめ

太陽の末裔 Love Under The Sun』は、ロマンチックな恋愛物語だけでなく、人生と愛について深く考えさせられる作品です。キャストの熱演、美しい映像、心に響くストーリーが融合して、忘れがたい体験を提供してくれます。この記事を読んで、ぜひ一度『太陽の末裔 Love Under The Sun』の世界に足を踏み入れてみてください。

PR
「太陽の末裔 Love Under The Sun」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!