U-NEXTオリジナル『有益な詐欺』視聴ガイド:あらすじ、キャスト、見どころ

『有益な詐欺』とは

韓国ドラマの新たな傑作、有益な詐欺がU-NEXTで独占配信されています。このドラマは、微妙な序盤からじわじわと盛り上がりを見せる点が特徴です。主演は、『サニー 永遠の仲間たち』で注目されたチョン・ウヒと、『その男の記憶法』『君は私の春』に出演し、近年注目を集めるキム・ドンウクです。

PR

『有益な詐欺』基本情報

有益な詐欺は2023年に放送された、全16話からなるクライム・サスペンスドラマです。壮絶な過去を持つ共感力ゼロの天才詐欺師イ・ロウムと、クールだが共感し過ぎる病を持つ弁護士ハン・ムヨンが中心となり、多才な仲間たちと共に強力な権力に立ち向かいます。

『有益な詐欺』企画意図

『有益な詐欺』公式ポスター

有益な詐欺は、人間としての反応の仕方、特に「共感」するか否かという観点を掘り下げたドラマです。かつて「共感」が重要視されていた時代を背景に、共感が人間性の指標とされる中、それを無視することで成功する人々と、他者に共感しすぎてしまい、苦しむ人々の両面を描いています。

このドラマは、共感の強さや弱さに焦点を当て、なぜ共感が時に力強く、また時に弱さを示すのかを問いかけます。私たちは皆、共感を求めながらも、それが常に強力であるわけではないという現実を描写しています。

物語は、対照的な二人の主人公についての空想から始まります。一方は感情を表に出さないシニカルな女性、もう一方は他者の痛みに共感し涙を流す温かい男性です。これらのキャラクターがどのようにしてそのような性格になったのか、またなぜ彼らが共にいるのかについて、ドラマは深く探求しています。

有益な詐欺は、悪役が現れて二人を試練に陥れる場面や、互いが互いの敵となり傷を深める可能性も描きます。しかし、本当の理解、許し、愛があれば、世界の悪を乗り越えることができるというメッセージが込められています。共感が強力な武器となり、絶望的な状況から互いに救い合う物語を描いています。

制作者は、この物語が必要とする人々に届き、彼らの心に少しずつ影響を与えることを望んでいます。憎しみが許しに変わり、計算が理解に変わり、有害な詐欺が有益な詐欺に変わるような、ちょうどいい温度感を持つ物語です。

最終的に、このドラマは「共感」が救いの始まりであるという信念を表現しています。

『有益な詐欺』あらすじ

ハン・ムヨンは、強い共感力を持ちながらも、共感できない人物の弁護をしてきた冷徹な弁護士です。一方、イ・ロウムは天才的な詐欺師で、過去に冤罪で投獄された経歴を持ちます。ムヨンがロウムの弁護人となり、共に巨大な悪に立ち向かうストーリーが展開されます。

『有益な詐欺』キャスト、登場人物

イ・ロウム(演:チョン・ウヒ)

『有益な詐欺』イ・ロウム(演:チョン・ウヒ)

イ・ロウムは、5歳の時に百科事典全集を暗記し、8歳でメディアの注目を集め、10歳で奨学財団の注目を受ける天才少女でした。しかし、彼女は赤目財団という、世界で最も弱く孤独な子どもたちを集めて、弱者を標的にする教育を受けていました。この財団では、感情よりも効率を、同情よりもコントロールを、そして許しよりも復讐を選択するように教育されました。

ある日、イ・ロウムが関わった事件により彼女の両親が悲惨な死を遂げ、彼女自身も刑務所に送られました。そこで「危険人物」を意味する黄色の名札をつけられ、赤目財団に対する復讐を誓います。そして、10年の時を経て事件の真犯人が別にいるというニュースが流れます。この状況で彼女は、自分を弁護しようとするハン・ムヨンを利用して、赤目財団に復讐を果たそうとします。

ハン・ムヨン(演:キム・ドンウク)

『有益な詐欺』ハン・ムヨン(演:キム・ドンウク)

ハン・ムヨンは、冷たい外見とは裏腹に、過剰な共感性と共感によって強い頭痛や耳鳴りなどの身体的症状を抱え、精神科の治療を受けながら普通の生活を送ることができる弁護士です。19歳の時、人生の岐路に立たされたムヨンは、初めてのメンターであったカン・ギョンホ(イ・ヘヨン)を見て弁護士を目指しますが、実際に弁護士になってみると、過剰な共感性が仕事に悪影響を及ぼしていました。先輩パク・ギュ(イ・チャンフン)の提案で始まった精神科治療のおかげで、過剰な共感は抑えられるようになりました。その後、心理を見抜く鋭さ、冷静で執拗な推理、マイクロディテールを発見して解釈する能力で「ヴァンパイア弁護士」というニックネームを得るようになります。偶然にも10年前の事件の主人公であるイ・ロウム(チョン・ウヒ)を弁護することになり、赤目財団について知ることになります。

コ・ヨハン(演:ユン・バク)

『有益な詐欺』コ・ヨハン(演:ユン・バク)

コ・ヨハンは、一見すると平凡ではないことが明らかな保護観察官です。彼は無意味な言葉、無防備なおせっかい、無駄な質問をすることで知られています。彼の仕事と日常生活が奇妙なほど混ざり合っており、彼の管理下にある前科者たちは、彼の過保護な管理(?)に涙を流しながら拒否の意思を示すことも少なくありません。それでも、彼は前科者たちをより良い生活へと導く役割を果たしています。19歳で両親を殺害し、その後釈放されたイ・ロウムを担当することになります。彼の主な目標は、観察対象者であるイ・ロウムが犯罪に関与しないようにすることです。しかし、ただの変わった保護観察官だと思われていたコ・ヨハンの私生活には、意外なほどの逆転が満載です。

モ・ジェイン(演:パク・ソジン(Girl’s Day))

『有益な詐欺』モ・ジェイン(演:パク・ソジン(Girl’s Day))

モ・ジェインは、精神科の専門医であり、過度な共感を示すハン・ムヨンの治療を3年間続けています。彼女は比較的平穏無事な人生を送ってきましたが、彼女とはかけ離れた人生を送ってきた人々を理解するために多くの努力をしています。失敗した弁護士から冷静な「ヴァンパイア」に変貌したハン・ムヨンとの3年間を共にし、彼の冷静な顔の下にある苦悩するヒーローの存在に気づき、心を痛めつつも愛おしく思っています。しかし、ハン・ムヨンがイ・ロウムを弁護することになり、彼らの奇妙な闘争の味方になる自分を発見します。そして、ありふれた日常に石を投げ込むような、聞いたこともないような奇妙な男、コ・ヨハンに出会います。

チョン・ダジョン(演:イ・ヨン)

『有益な詐欺』チョン・ダジョン(演:イ・ヨン)

ダジョンもイ・ロウムと同じく赤目財団で育てられたキッドの一人ですが、現在はダジョン漫画店を経営しています。彼女は漫画店の裏に巨大な秘密作業室を持つ、20年の経験を持つハッカーです。他のキッドたちと共に赤目財団に所属していた生存者であり、ロウムの同級生であり友人でもあります。彼女は、出所した直後のロウムの計画を手伝うことになります。しかし、ロウムと一緒に現れた怪しい弁護士、ハン・ムヨンを見て新たな希望を見出します。自分たちのような人々を助ける人がいることを知り、ロウムとムヨンを守ることを決意します。

『有益な詐欺』見どころ

ユニークなキャラクター

有益な詐欺の最大の魅力は、これまでに見たことのないユニークなキャラクターです。有益な詐欺は、どんな人物にも変身でき、目的のためなら何でも利用する共感不能の詐欺師イ・ロウム(演:チョン・ウヒ)と、他人の苦痛を見てその感情をそのまま感じ取る過度の共感を示す弁護士ハン・ムヨン(演:キム・ドンウク)という、これまでにないユニークなキャラクターの組み合わせを提示しています。

24時間保護観察をしながらイ・ロウムに干渉する神秘的な保護観察官コ・ヨハン(演:ユン・バク)、隠遁型ハッカーのチョン・ダジョン(演:イ・ヨン)、エンジニアリングの天才ナサ(演:ユ・ヒジェ)、言語の天才で使い走りのリンゴ(演:ホン・スンボム)など、優れた頭脳を持ちながらも何かに欠けている「赤目キッド」たちが独特の魅力を提供しています。

さらに、自らの信念に基づいて行動する精神科専門医モ・ジェイン(演:パク・ソジン)など、注目すべきキャラクターも存在します。このように、相反する特性を持つキャラクターたちの連帯と衝突、そして平凡に見えるが非凡な人物たちが繰り広げる新鮮で斬新な物語が期待されています。

独特なストーリーライン

有益な詐欺は、これまでに見たことのないような「有益な」詐欺を描いています。このドラマでは、共感不能の天才詐欺師イ・ロウムが、復讐のために巧妙な詐欺を展開します。彼女の詐欺は弱者に害を与えずに行われ、正義の方法で復讐を成功させ、大義を成し遂げます。これは他のドラマとは異なるアプローチで、小規模なものから大規模なものまで、さまざまなタイプの詐欺が展開されます。

このような逆転の発想から生まれる物語は、予期せぬ展開とサプライズが満載で、思わずワクワクするようなカタルシスを予感させます。視聴者は、「有益な」詐欺が何を意味し、誰をターゲットにしているのかについて、興味をそそられることでしょう。よく練られた詐欺の策略がどのように展開されるのかが見どころです。

特異な「メロドラマ」要素と、多彩な登場人物たちの関係性

有益な詐欺は、様々なキャラクターが絡み合うことで生まれる独特な関係性が注目されます。まず、感情を持たないイ・ロウムと、彼女を理解し共感し共に悲しむハン・ムヨンの関係性は、それだけで心をときめかせる魅力があります。

さらに、イ・ロウムの行動に一々介入する保護観察官コ・ヨハンの存在が加わり、独特なメロドラマ的な緊張感を生み出す兆しがあります。

また、イ・ロウムをはじめとするチョン・ダジョン、ナサ、リンゴなど「赤目キッド」たちの関係性も微妙に絡み合い、別の楽しみのポイントとなっています。イ・ロウムの復讐を手伝う20年の経験を持つハッカーのチョン・ダジョンは、イ・ロウムに対して何とも言えない罪悪感を抱いている一方、万能エンジニアのナサや言語の天才リンゴもイ・ロウムの言葉には逆らわない理由があります。これらの登場人物の間の感情の絡み合いが、『有益な詐欺』ならではの特異なメロドラマを生み出しており、それぞれの関係性が描く多彩な感情の調和は見逃せない見どころとなっています。

PR

『有益な詐欺』まとめ

有益な詐欺は、徐々に盛り上がるストーリーと魅力的なキャラクターが織りなす、見応えのあるドラマです。U-NEXTでの独占配信となっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。無料トライアルで気軽に視聴することもできますよ。

PR
『有益な詐欺』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!