Disney+韓国ドラマ「照明店」視聴ガイド:あらすじ、キャスト、見どころ

1. 「照明店」とは

「照明店」は2024年にディズニープラスで放送予定の韓国ドラマです。恐怖とミステリーをテーマに、8部作で構成されるこのドラマは、生者と亡者の物語が交差する独特の世界観を持っています。監督はキム・ヒウォン、脚本はカンプルが担当し、チュ・ジフン、パク・ボヨンなど韓国のトップ俳優たちが出演します。

あわせて読みたい
「ムービング」シーズン2情報!カン・プル・ユニバースが始動? 2023年、ディズニープラスで放送された韓国ドラマ「ムービング」は、カン・プル(KANG FULL)のウェブトゥーン漫画を原作として大成功を収めました。この成功を受けて、...
PR

2. 「照明店」あらすじ

照明を売る店を通して、現世とあの世がつながり、生者と死者の物語が交錯するという内容を描いた作品。

「照明店」原作のあらすじ

原作「照明店」は、不気味で恐ろしい展開から始まり、進むにつれて感動的で悲しい物語に変わるウェブトゥーンです。ある町の路地やアパート周辺で起こる不可解な出来事が、この物語の舞台となっています。

この物語には、不思議な現象に遭遇する人々が登場します。一人の男子学生は、路地を抜け出せずに苦しんでいる一方、手のひらに爪がくっついた女性、耳から土が出る男性、体中から冷たい水が流れる男性が現れます。彼らはなぜか「照明店」に集まり、意味も分からず電球を眺めています。
そして、彼らはみんなある共通点がありますが…

一人の女性は、愛する男性を守るために何度も彼の記憶を呼び覚ます。また、ある母親は娘を救いたいと願い、姉は妹の命を救おうとします。このウェブトゥーンは、愛する人を守ろうとする人々や生きる意志に対する深い哲学的なメッセージを持っています。

3. 「照明店」キャスト

「照明店」には、チュ・ジフン、パク・ボヨン、イ・ジョンウン、オム・テグ、ペ・ソンウ、AOA ソリョンなど、演技派俳優が集結しました。これらの俳優たちは、それぞれ異なる事情を抱え、死の淵に立たされた人々を演じます。

キム・ヒウォンの監督デビュー

Disney+で大ヒットしたカンプル作家の「ムービング」でチョンウォン高校の担任教師「チェ・イルファン」役をはじめ、数多くの映画やドラマで濃密な演技と驚くべき表現力を見せた俳優キム・ヒウォンさんが今回「照明店」を通じて初のシリーズ演出に挑戦します。

4. 「照明店」見どころ

4.1. カンプルとディズニープラスの新しい出会い

「照明店」は、ドラマ『ムービング』で大ヒットを記録したカンプルとディズニープラスが再びタッグを組んだ作品です。カンプルはウェブトゥーン作家出身で、これまでに多くの作品が映画やドラマ化されています。『照明店』は彼のウェブトゥーンを原作とする2作目のドラマ化作品です。

4.2. 生と死の境界を描く

原作ウェブトゥーンは、生と死の境界に立つ人々の物語を描いており、陰惨で恐ろしい雰囲気から始まりますが、物語が進むにつれ感動的なドラマと深い哲学的な意味を持つ作品です。

PR

5. 「照明店」まとめ

「照明店」は、恐怖とミステリーをテーマにした新しい韓国ドラマで、ディズニープラスでの放送が期待されています。豪華キャストと独特のストーリーが見どころの一つです。放送が始まる2024年に向けて、多くのドラマファンが期待を寄せています。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『ムービング』完全ガイド:キャスト、超能力など 【】 2023年8月9日から、ディズニー・プラスの新作ドラマ『ムービング』がついに公開されました。同名のウェブトゥーンが原作となっており、全20話からなる大作で、その...
PR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!