『無人島のディーバ』結末ネタバレと感想:韓国ドラマの新境地を切り開く

Netflixで配信されている韓国ドラマ『無人島のディーバ』は、多くの視聴者を魅了しています。この記事では、その魅力について深く掘り下げ、私の感想を交えてご紹介します。

パク・ウンビンの復帰作

無人島のディーバ』は、昨年「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」でドラマ界を席巻したパク・ウンビンが1年ぶりに戻ってきた新作です。特に、新鮮で独特な素材で物語を面白くするパク・ヘリョン作家とのコンビネーションが注目されました。パク・ウンビンという俳優をどのように活用するかが、公開前から注目されていました。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『無人島のディーバ』完全ガイド:キャスト、あらすじを解説 【1. はじめに】 2023年10月28日から放送が開始される新ドラマ『無人島のディーバ』が話題になっています。主演はパク・ウンビンとキム・ヒョジン。この記事では、この...
PR

パク・ヘリョン作家の作品

無人島のディーバ パク・ウンビンポスター

無人島のディーバ』は、パク・ヘリョン作家の特徴が色濃く出ています。キャラクターの子供の頃からのしっかりとした物語、新鮮な素材で話を面白く描く才能、そしてスリリングな展開まで。パク・ヘリョン作家はこれまでも刺激的でない素材で多様なメッセージと感動を与え、夢と希望を描く温かい話で心地よいドラマを描いてきました。今回は、エンターテイメント業界の裏側を詳細に描きながら、パク・ウンビンという俳優の新たな魅力を引き出した点が高く評価されています。そこにオ・チュンファン監督の洗練された演出も加わり、見どころたっぷりのドラマになりました。

『無人島のディーバ』作家の大胆な機知

前作『スタートアップで多く話題となったサブキャラクターの物語を主人公が盗むという設定を再び持ってくる大胆さも見せています。今回はさらに、誰が本当の男性主人公かも明らかにならず、視聴者が探すようにしました。前作で批判されたことをむしろ強みに変えるパク・ヘリョン作家の機知が素晴らしい。ただし、この作品でも男性サブキャラクターを捨ててしまったことはすこし残念でした。

『無人島のディーバ』の残念だったところ

非常に面白いドラマでしたが、パク・ヘリョン作家の作品でよくみられる、終盤となって急な展開になることが、今回もありました。
中盤まで興味深かった設定と展開から自然と物語に緊張感を持たせず、力なく散らばるストーリーで後半部分が残念でした。第7話で展開されたウン・モレとの対決がこのドラマで一番盛り上がったことは、やはりちょっと…。
むしろ、チョン・ギホ家族の問題を中盤に扱い、ウン・モレとの対決を終盤で語った方がストーリーが盛り上がったのではないかと思います。

輝く女優、パク・ウンビン

パク・ウンビンは今回もまたまた輝きます。役割もさることながら、彼女だけのオーラがもはや誰にも真似できない境地に達しているようです。さらに、ボーカルとしての魅力も見せつけ、まだ見せる魅力があるのかと驚かされました。
パク・ウンビンは、最初からきれいなビジュアルやスター性より、演技で注目されトップ女優になりました。『ストーブリーグ』や『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』も最初はあまり注目されなかったですが、彼女の演技と物語によるシナジーから放送されながら口コミで注目されるようになりました。

あわせて読みたい
『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』視聴ガイド:キャスト、あらすじ、見どころ Netflixオリジナルシリーズ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は、2022年6月に配信開始された韓国のドラマで、自閉スペクトラム症を持つ天才新人弁護士ウ・ヨンウの成長と挑...

実際ののパク・ウンビンもポジティブなエネルギーが溢れています。不利な状況に陥っても暗くならず、明るく前向きに進むパク・ウンビンやウ・ヨンウ、ソ・モクハのポジティブなエネルギーに多くの視聴者は魅了される気がします。

あわせて読みたい
韓国女優、パク・ウンビンを徹底解析!:子役出身、出演ドラマ 【1. パク・ウンビン 基本情報】 ©Namooactors Entertainment 1992年9月4日、韓国ソウル特別市で生まれたパク・ウンビンは、若干5歳で演技のキャリアをスタートしまし...

『無人島のディーバ』の結末

あわせて読みたい
韓国ドラマ『無人島のディーバ』1話:感想、あらすじ、見どころ 【はじめに】 Netflixの最新韓国ドラマ『無人島のディーバ』は、希望と絶望が交錯する人々の物語です。特に第1話は、主人公ソ・モクハ(パク・ウンビン)と彼女が尊敬す...

無人島のディーバ』の最終回では、主人公のソ・モクハ(パク・ウンビン演)が、彼女の1番のファンであるユン・ランジュ(キム・ヒョジン演)、ジョン・ギホ(チェ・ジョンヒョプ演)、ジョン・チェホ(チャ・ハギョン演)の熱烈な応援を受けながら、歌手として成功し、多くの困難を乗り越えたディーバへの挑戦を成功裏に終えました。

ソ・モクハとユン・ランジュがデビューアルバムを準備している間、アルバムの収録曲を検討していたイ・ソジュン(キム・ジュホン演)は、それぞれの特性に合わせてソ・モクハとウン・モライ(ペ・ガンヒ演)の歌を交換することを決定しました。突然の決定でしたが、ソ・モクハはイ・ソジュンの提案に従うことにしました。新しい歌を聞いてすぐに、無人島で過ごしていた時、答えのない質問に囚われていた自分を救い出した太陽を思い出したからです。

そのため、ソ・モクハは歌に自分だけの物語を込めるために、タイトルから歌詞まで全てを修正しました。初恋のジョン・ギホへの手紙の中の言葉をつなぎ合わせて、試練が来ても一緒なら乗り越えられるという希望に満ちた歌詞とともに生まれ変わった「Fly Away」は、ソ・モクハのデビューアルバムのタイトル曲となり、ゆっくりとですが着実に音源チャートで上昇し、喜びをもたらしました。

この勢いに乗じて、ソ・モクハにはデビュー以来初のイベントスケジュールも組まれました。ソ・モクハとユン・ランジュは、ファンと歌手として初めて出会ったドドク祭りの現場を、歌手とプロデューサーとして再び訪れました。この際、ユン・ランジュは、過去にソ・モクハがしたように、ジョン・ギホ、ジョン・チェホと一緒にソ・モクハの公式応援グッズであるエメラルドブルーの風船を準備し、観客に配りました。ソ・モクハは観客席を埋め尽くしたエメラルドブルーの風船を見て、明るい笑顔を見せ、1番のファンであるユン・ランジュとジョン・ギホ、ジョン・チェホは熱烈な応援でステージの盛り上がりを支えました。

1番のファンたちの愛のもとで、ソ・モクハは「Fly Away」というタイトル通り、数々の賞を獲得し、単独コンサートを開催するなど、名実ともにディーバとして成長しました。15年前のようにソ・モクハが歌を歌い、ジョン・ギホがこれをカメラで撮影し、感動を与えました。長い時間が経っても変わらずお互いの夢を輝かせる姿は、二人の前に広がる明るい未来を想像させました。

一方、ソ・モクハの初恋のジョン・ギホと彼の兄ジョン・チェホは、ジョン・ボンワン(イ・スンジュン演)の束縛から解放され、継父イ・ウク(イ・ジュンオク演)の姓を取り、名前をイ・ギホとイ・チェホに変えました。ヤン・ジェギョンもイ・ウクの妻として婚姻登録を完了し、彼らは本当の家族となりました。危険を乗り越え、より固くなったイ・ギホ家族と、平凡な日常を送るソ・モクハの姿で『無人島のディーバ』は終わります。

PR

『無人島のディーバ』の魅力

無人島のディーバ』は、新鮮な素材とユニークな設定、そしてスリリングなストーリーで、一言で言えば楽しいドラマでした。ここに、絶え間ない努力が必ず必然になり、夢を叶えるというメッセージも鮮明に刻まれた作品でした。ドラマのハイライトを作るインパクトがやや欠けていたとしても、今がパク・ウンビンの時代であることを再確認しただけで十分満足のいく作品でした。既にパク・ウンビンの次の作品が楽しみです。

あわせて読みたい
韓国ドラマ『無人島のディーバ』完全ガイド:キャスト、あらすじを解説 【1. はじめに】 2023年10月28日から放送が開始される新ドラマ『無人島のディーバ』が話題になっています。主演はパク・ウンビンとキム・ヒョジン。この記事では、この...
PR
無人島のディーバ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!