韓国ドラマ「ヒップタッチの女王」結末:ネタバレ解説、犯人は誰?

目次

1. はじめに

Netflixで公開された話題の韓国ドラマ「ヒップタッチの女王」の最終回がついに公開されましたね!今回は、このコメディ・スリラーシリーズで一体誰が犯人だったのか、その全てをお伝えします。

最初は楽しくてコミカルなストーリーでしたよね。地元の獣医、ボン・イェブン(演:ハン・ジミン)が流星群の夜、牛のお尻に触れたことで超能力(サイコメトリー)を手に入れるところから始まりました。この能力を使いこなすうちに、探偵ムン・ジャンヨル(演:イ・ミンギ)と出会い、ちょっとした事件を解決していきます。

「ヒップタッチの女王」ポスター

でも、その町「ムジン」が恐ろしい連続殺人犯の標的になってしまうんです。さらに厄介なことに、主人公たちは犯人もサイコメトリーの能力を持っているのではないかと疑います。ファンたちは犯人探しの手がかりを一生懸命に探っていましたが、結局は何度も間違っていました。

そしてついに、最終回前に真の犯人の正体が明らかに!でも、本当に驚いたのは犯人がなぜ殺人を犯したのか、その理由でした。

「ヒップタッチの女王」イェブン

ネタバレ注意ですよ〜!

というわけで、このドラマは最初は楽しみながら見ていたものの、最後はハラハラドキドキのスリル満点でした!犯人は誰だったのか、その衝撃の事実を知りたい方は、ぜひ最終回をチェックしてみてくださいね!

PR

2. 犯人はキム・ソンウだったのか?

「ヒップタッチの女王」ソンウ

ジャンヨルがどれだけ証拠を探そうとも、最終回でソンウはただの犠牲者で、しかも悲しいかな、殺人事件の真相を知ってしまったことが明らかになりました。

ファンの皆さんも知っての通り、ソンウは犯人かと思わせる「赤いニシン」でした。実際のところ、ジャンヨルが犯人かもしれないと疑われていました。イェブンだけが彼の無実を信じていました。
特に、彼女の超能力を使ってソンウが事件の際にどこにいたのかを追跡した後もです。でも問題は解決していませんでした。犯人がどうやって二人の記憶にブラックアウトを作り出していたのか、それが分からなかったんです。そして、悲しいことに、ソンウは第15話で犯人の犠牲者となってしまいました。

イェブンがソンウの作業場を訪れた際、犯人が使っていた花柄のナイフを彼の工具箱で見つけます。しかし、パク・ジョンベが後をつけてきて、一人で歩くべきではないと言います。ジョンベはソンウをだましてトイレに連れて行き、その間にイェブンはナイフを発見します。

彼が犯人だと信じて逃げようとしますが、ソンウは彼女がナイフを見たことに気づき、追いかけます。しかし、その真意は彼女を殺すためではなく、救うためでした。雨合羽を着た本物の犯人に追われるイェブンをソンウがつかまえ、逃がします。

彼女を救いたい一心で犯人と戦いますが、その戦いでソンウは刺されて死亡します。ソンウがどれだけ自分を信じていたかを知ったイェブンは、武器を手に彼を救いに行きますが、彼が殺されたことを知って心が折れます。

3. 真実の犯人は誰だったのか?

「ヒップタッチの女王」ジョンベ

なんと、ムジンの恐ろしい連続殺人犯は、地元のシャーマンであるジョンベだったんです!彼は毎回の殺人事件後に涙と演技で皆を騙していました。

第15話で、この驚愕の真実が明らかになりました。ソンウの死を悼むイェブンは、ジョンベとの関係を断ち切ります。ジョンベは、犯人がサングラスをかけることで記憶にブラックアウトを作り出せるというトリックをイェブンに明かします。これは暗い部屋でも同様です。新しい市長が殺されたとき、電気がつけられていたのが消されたのも、このためです。

しかし、イェブンはもう興味がありません。なぜなら、その情報は遅すぎてソンウを取り戻せないからです。ジョンベが目の前でアビエーターサングラスが目に落ちると、彼が犯人であることに気づきます。ジョンベもまた、隕石の夜に牛が彼を見たときに目を通じて超能力を得ていました。彼は人の記憶を目を見ることで読むことができます。

最後に、ソンウとイェブンの祖父も犠牲になりました。ソンウは帰宅後、ジョンベから血をつけられたことで彼が犯人であると気づきました。さらに、漬物の瓶の中にナイフが隠されているのも見つけました。賢いソンウは、ジョンベの超能力が目から来ていることも理解し、彼を見ないようにしていました。

PR

4. ジョンベは逮捕されたのか?

イェブンはジョンベが犯人だと知っていましたが、ジャンヨルに直接言うのが怖かったんです。でも、その恐れはジョンベを欺くための偽装でした。ジョンベが彼女のクリニックの外で箱を持つ手伝いをしているとき、イェブンは彼に紙を渡します。その紙には、ソンウの携帯のパスコードとジョンベが犯人であることが書かれていました。

このパスコードはイェブンの誕生日で、ソンウがアラビア語でコードを言っていたことに気づいたからです。その携帯には、ジョンベが自分の犯罪を告白する彼の殺害の録音がありました。

最終回では、イェブンとジャンヨルはオクフィを見つけるためにジョンベの要求に従うしかありませんでした。遠くの場所でバク・スンギルと彼の仲間に待ち伏せされます。スンギルはジョンベのために韓国外への逃亡を手配しますが、イェブンとジャンヨルは彼らと格闘し、オクフィを見つけます。

しかし、ジョンベは逃げます。彼は地元の漁村でイェブンとジャンヨルから逃げようとしますが、最終的には逮捕されます。コミカルな一幕として、イェブンはジョンベの目を突いて、彼の頭を噛みます。

ドラマはイェブンがセレブになり、ジャンヨルがソウルに戻るところで終わります。
でも、最後に一つの事件で再会します。イェブンは刑務所に潜入してギャングの居場所を突き止め、最後のシーンはジャンヨルが刑務所の警備員として彼女を救い、一緒にギャングから逃げるところでした。

PR
「ヒップタッチの女王」ポスター

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次